【オバ記者連載83】医師がすすめる「あたりめ+セロリ」ダイエットを実践

私が「よしッ」と握りこぶしに力が入ったのは、セロリとあたりめ。これはもう、私のお酒のつまみのゴールデンコンビじゃないの!

ここで、セロリとあたりめを使ったオバ流のメニューを紹介しようじゃない。セロリをザクザクと切ったものと、あたりめを細く割いたものをビニール袋に入れたら、酢をドバッ。マヨネーズをほんの少し。塩こしょうをしたら、手で軽くもみもみ。そのままでもいいけど、10分くらい冷蔵庫でなじませると、さらに◎。

実は20代の初めまでセロリが苦手だったんだけど、さきいかと和えたのを知り合いに勧められて食べて、いっぺんに好物に変わったの。いかをゆでたのを入れたのでもいいけど、味が濃いあたりめがいちばんの相性じゃないかしら。

日比野さんは、こんな食べ方を推奨しちゃいないわよ。セロリは、サラダや料理の付け合わせにすると便秘解消に、と言っているし、あたりめは、高たんぱく質&低カロリーで、よくかむことで若返りホルモンが分泌されるとか。

でも長続きをさせるコツは、自分を楽しませることというのがオバ流のダイエット。日比野先生は、「夜は炭水化物や糖質は控えましょう」と言っているけど、1日の最後はレモンサワーの350ml缶1本はいいことにしちゃった。これを氷で増やして、チビチビ飲みながら、野菜たっぷりのサラダに鶏肉と、“あたりめセロリ”をのせて、夜のもぐもぐタイム。

確かにあたりめは、口の中にいつまでも残るから、食べた気がするし、口の中に放り込むと、おしゃぶり効果でなんだか安心するんだよね。

【関連する記事をチェック!】
低脂肪、低カロリー、高たんぱく!ダイエット中に◎のいかレシピ
半年で−12kg体験も!オスカー専属インストラクター・山本美紀さんの【美痩せ習慣】
ダイエットにも◎。東京の注目「グラノーラ専門店」をピックアップ!
代謝UPに◎!【最新グラノーラカタログ】栄養豊富な玄米系&大麦系7選
人気のスーパーフード!チアシードおすすめレシピ選り抜き4選【まとめ】

オバ記者(野原広子)

1957年、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

【この連載のバックナンバー】
【82】酢の物、みそ汁に!わかめを使ったオバ流ダイエットメニュー
【81】オバ流ダイエットメニュー第2弾「白滝で低カロリーご飯」
【80】オバ流ダイエットメニュー「キャベツ大盛りキーマカレー」
【79】平昌五輪見てやる気になって始めた「交差点エクサ」

【78】「食べ物ダイエット」で結果を出すコツをしみじみ語る
【77】ダイエットの強い味方、オニオングラタンスープに目覚めた!
【76】10か月で34kg痩せた男性が食べ続ける最強コンビニ食
【75】「最強ダイエット」を実行も、結局は食べ物と実感
【74】体力の衰えを痛感し、スクワットをやることを決意
●【73】ホテル清掃のパートで「美ボディ復活」を2018年の目標に!
【72】ウィキに自分のページを発見し、ダイエット熱にますます火が付く
【71】「洋裁する人に太っている人いない」説を語る
【70】電車の中で手軽にできるストレッチを実践中

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事