【旬菜】夏に胃腸が疲れたときに食べたい「冷やしトマトおでん」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、「トマト」のレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABC_tomato_oden

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高く、ビタミンCやB-カロテン、カリウムなどを豊富に含む。冷やしていただくおでんなら、夏バテのときでもさっぱりおいしく食べられるはず。

カロリー…290kcal(1人分) 調理時間の目安…2時間20分(冷やす時間を含む)

材料(2人分)

トマト…2個 さつま揚げ…2枚 ゆで卵…2個 オクラ…4本
【A】だし汁…800g みりん…50cc 酒…大さじ2 薄口醤油…大さじ2 オイスターソース…大さじ1/2

下準備

・トマトは、ヘタを除いて、十字の切り込みを入れる。熱湯(分量外)にさっと浸してか冷水にとり、湯むきしておく
・さつま揚げは、半分に切っておく
・オクラは、ヘタとガクを除き、塩少々(分量外)でこする。熱湯(分量外)でさっとゆで、冷水にとって冷ましておく

作り方

【1】鍋にAを入れ混ぜ、さつま揚げを入れて強火で加熱する。沸騰したら中火にし、10分ほど煮る
【2】火を止め、トマト、ゆで卵、オクラを加える。ラップを密着させてかけ、粗熱をとって、冷蔵庫で2時間ほど冷やす
【3】ゆで卵を半分に切り、トマト、さつま揚げ、オクラとともに器に盛り付ける

POINT!

・オクラはゆでる前に表面を塩でこすると、色鮮やかに仕上がる
・ラップをかけるのは、味をしみ込ませるため。落としぶたでもOK

→詳しい作り方を動画でチェック!

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→さらにABC HEALTH LABOのレシピをチェック!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事