最新作で全裸を披露!ジェニファー・ローレンスのボディメイク法

オスカー女優のジェニファー・ローレンス(27歳)は、2018年3月30日(金)に公開される映画『レッド・スパロー』で全裸を披露するという。

この映画でジェニファーはバレリーナへの道を絶たれたが故に、スパイに転身するロシア人女性ドミニカに扮し、美貌を駆使して米ソの情報戦に挑む。

『X-MEN:ファーストジェネレーション』のミスティークや、『ハンガーゲーム』シリーズで知られるジェニファーは、しなやかでメリハリあるボディをもち、女スパイにもぴったり!

闘うヒロインを演じるには、それにふさわしいボディが求められるもの。ジェニファーは『X-MEN』に出演するにあたり、3か月に渡って、スポーツトレーナーのダルトン・ウォン(Dalton Wong)とワークアウトに励んだとか。

The Feelgood Plan: Happier, Healthier and Slimmer in 15 Minutes a Day

ウォンはその著書『The Feelgood Plan』でジェニファーのようなボディを作るコツを紹介している。

ジャンクフード好きでもOK!1日15分の運動でスリム体型に

ウォンが共著者のケイト・フェイスフル=ウィリアムス(Kate FAithfull-Williams)と共に提案する運動の基本は、15分のサーキットトレーニング。

アンチエイジングや緊急ダイエットに役立つメニューも紹介している。スクワットやランジ、腕立て伏せなど、道具を使わない自重トレーニングがメインなので、取り入れやすい。そんな効率いい運動を行うためのポイントは、こちら。

□ 1日15分のサーキットトレーニングを週4回がベスト
□ 20分から30分の朝ランで1日をスタートすると、”feel good”に
□ 食欲を抑えるには、15分のウォーキングが有効
□ 寝る前には、深い呼吸をしながらのヨガでリラックスして、上質の睡眠を

同書でウォンは、「feel bad (まだまだ)」「feel OK(もうちょっと)」「feel good(ばっちり)」と3段階に分けて、食事の内容も詳しく指導。「食事時間は時刻で決めず、お腹が空いたときに」「よく噛む」「就寝3時間前には夕食を終える」など、すぐに実践できそうなコツも教えている。

ジェニファーは、ディオールのミューズも務め、「ディオール アディクト ラッカー スティック」のキャンペーンにも登場

「ダルトンは他のトレーナーと違って、私の体のニーズをわかってくれるの。ダイエットなんてできる気がしない私に、食事を楽しみながらも、適度に運動をし、リラックスし、健康な生活を送るコツを教えてくれたわ」と、ジェニファーも同書の序文で述べている。

ちなみに、米国のウェブメディア『Teen Vogue』によると、ジェニファーは『ハンガーゲーム』シリーズ出演の際には、スポーツドクターのジョー・ホリガン(Joe Horrigan)の指導の元、短距離走、バイク、アーチェリー、ロッククライミングなどに取り組んだ。

「手軽に真似したい場合は、高強度トレーニング(HIIT)を20分ほど行うのがオススメ」と、ホリガンはコメント。

ジャンクフードが大好きというジェニファーがメリハリの効いたボディを維持しているのは、日々の高強度トレーニングのおかげなのかも!?

※本記事は抄訳です。

【関連する記事をチェック!】
スケート選手の体作りはハード!女優マーゴット・ロビーが告白
元カレも大絶賛の「美尻」!セレーナ・ゴメスのエクササイズ方法
HIITで効率よく全身引き締め!米国発の「オレンジセオリーフィットネス」を【体験レポ】
【今村式美ボディメイク】臀部を鍛えて美尻に!「ワンレッグスクワット」
【心理テスト】歴史上の美女なら、誰?あなたの魅力とぴったりの美容法

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事