食事を撮影してカロリー管理!奇跡の9頭身モデル阿部桜子さんの【美痩せ習慣】

インストラクターやモデルなどのプロにとって、健康で美しいボディを保つのも仕事のうち。

「TOKYO GIRLS AUDITION Powered by Ameba 2017」にて最多賞に輝いた阿部桜子さん。170㎝の9頭身という驚異のスタイルの持ち主であり、現在モデルとして活躍中の彼女が美ボディをキープするためにしていることとは…? 気になる【美痩せ習慣】について聞いてみた。

* * *

WORKOUT/1時間の筋トレと自重トレーニング

Sakurako Abeさん(@t_sloc.99)がシェアした投稿

週に2~3回パーソナルトレーニングジムに通っています。そこで教えていただいたトレーニング方法を携帯で録画して、家では動画で復習を。ジムに行かない日も、毎日1時間ほど自宅で筋トレを行っています。

最近は自重トレーニングやゴムバンドを使ったトレーニングで、お腹と下半身を中心に鍛えていますが、ゴムバンドは場所も取らないし、手軽にいろんな種類のトレーニングができるのでオススメ! 簡単な動きでも、ゴムバンドで負荷をかけることで効果が増すのが魅力です。ぜひやってみてください。

FOOD/11時に就寝して夜のカロリーを抑える

私の体型に基づいた摂取カロリーと摂取糖質の基本値をパーソナルトレーナーさんから教えてもらっているので、それに沿って食べるようにしています。私の場合は、理想の摂取カロリーが1800kcal、糖質量は20g~30gなんだそうです。自分がどれくらいカロリーを摂取しているのかを把握するために、食べたものの写真を撮って記録しています。食事ごとに炭水化物量と糖質量、カロリーを計算して、次の食事の参考に。

また、食事や体のリズムを考えて、夜11時には寝ると決めています。でも、朝7時くらいまで寝ているので睡眠はたっぷりとっています(笑い)。

鍛え始めるまでは友達と外食に行くことも多かったのですが、今はランチに切り替えました。夜の外食は高カロリーになることが多いし、遅い時間の食事になってしまうので。

BODY&MIND/正しい姿勢とむくみケアでスタイルキープ

日常生活では歩き方に気をつけていますね。私は体の重心が前になりやすいので、後ろに重心を持ってくるように意識しながら、大またで歩くようにしています。特にスマートフォンを触っているときは、夢中になると前のめりになってしまいがち。歩き方や姿勢に気をつけるだけで、筋肉のつきかたも変わってくるそうなので、気がついたら姿勢を正すようにしています。

そのほかに気を配っているのはむくみ対策。仕事以外ではスニーカーなどの歩きやすい靴を履いて、足の負担を減らしています。さらに、円柱に凹凸がついた「ランブルローラー」でのケアも欠かせません。小さいものは上半身に、大きいものは下半身を中心に使っています。肩や太ももの上でゴロゴロ転がしてしてみて、痛みを感じるところを集中的にほぐしてあげると、むくみがスッキリしますよ。

今回のスリム美人:阿部桜子さん

あべ・さくらこ。モデル。1999年生まれの19歳。「TOKYO GIRLS AUDITION Powered by Ameba 2017」で<FiNC賞><CanCam賞><LARME賞><bea’sup賞><TGA賞>を受賞し、最多賞を受賞。「Istyle presents TGC HIROSHIMA 2017 by TOKYO GIRLS COLLECTION」でランウェイデビューを果たし、現在はモデルとして活躍するほか、FiNCアンバサダーとしても活動

【関連する記事をチェック!】
『金スマ』でも話題!筋膜博士監修の「筋膜リリース」で疲れ体質を改善
三日坊主から卒業!あなたにピッタリの食事ダイエットを【心理テスト】で診断
毎晩5分で、お腹痩せ&脚痩せ【夜活ヨガ】で下半身のむくみを改善!
ズボラでも大丈夫!ガチの糖質制限に役立つ「ダイエット食材」5選
効率よく全身引き締め!アメリカで流行中の「ダヴィンチボディボード」を【体験レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事