【オバ記者連載81】オバ流ダイエットメニュー第2弾「白滝で低カロリーご飯」

当サイトがおくる好評連載『還暦・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか?

今回は、前回紹介して大好評だったオリジナルダイエットメニューの第2弾。

* * *

60才を迎えたとたん、法事続きなの。「供養だから飲んで」と注がれるままにお酒を飲み、並んだ料理を食べつくしつつ、そのうち手酌でお酒をぐいぐい。太らないわけがないわ。

先日、うっかりお風呂上がりに自分の“現状”を鏡で目の当たりにしてしまい、慌てて体重計に乗っかって、がく然としたね。同世代の“太め友”と居酒屋に行くと、バストより高くそびえている彼女のお腹を見て、密かに「私はここまでじゃない」と思うけれど、帰り道にショーウインドーに映った自分は、いい勝負。ってか、やや勝っているかも…。

法事だけじゃない。思えば、ここ2週間の食生活を振り返ると、“デブご飯”の代表選手、かつ丼を2回。うな重にてんぷらそばを各1回。それぞれ「ご飯少な目」と注文したからいいだろうと思っていたけど、まあ、気休めよね。

こういう、炭水化物+脂っこくて甘い味付けのタンパク質の丼ものは中毒性があって、1回食べると後を引くの。それも2日、3日置いて、忘れたころに頭の中の「丼枠」をどうしても埋めたくなるのよ。だから見てごらん。丼もの屋さんってなかなかつぶれてないから。ほかのジャンルのお店は別のお店に変わったりするんだけどね。

と、まあ、いつまでも過去を振り返っていても仕方ない。体形もろ出しの薄着の春まで2か月はあるから、それまでに帳尻を合わせりゃいいのよ。

白滝を刻んでお米の中にIN

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事