【オバ記者連載80】オバ流ダイエットメニュー「キャベツ大盛りキーマカレー」

当サイトがおくる好評連載『還暦・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか?

今回は、料理好きのオバ記者が最近、食べているダイエットメニューについて。

* * *

一生懸命はすばらしい。努力は人生の宝。平昌五輪で結果を出した日本選手の晴れやかな顔を見るたび、還暦の私の胸にもいくつかの教訓が刻まれました。

そうなんだよね。4年に一度の五輪が、多くの人の目をくぎ付けにするのは、いつもだったら照れくさくてとても口にできないような文言を、素直に受け取れるからなのよ。

「で、私も」って言うのも気がひけるけど、目標は体重15kg減。それを目指して、時間の許す限り、ちょっとした用事を見つけて歩いているの。たとえば週末は、おしゃれな100円ショップ『Seria』の入っている丸井錦糸町店まで46分のウオーキング。ネットで調べたら「徒歩52分」だったから、それより早くたどり着こうと、ガラケーのストップウオッチ機能をオンにするわけ。

大通りは、交差点と交差点の間隔があいているから、けっこうな運動量で、30分を超えたあたりで足が止まりそうになるけど、ストップウオッチの数字を励みにとにかく前へ、前へ。交差点では前回、紹介した「交差点エクサ」をやりながらね。

オバがハマる「自分をごまかす料理」とは

それと最近、凝っているのが、自分をごまかす料理。「糖質制限」とか、「カロリーオフ」が効果的なのは長年の経験でよくわかっている。でも、私の体は正直でね。糖質絶ちを3日続けると、ご飯のおいしさを再認識しちゃって、「もっと、もっと」とお代わりを要求しだすんだわ。その声を無視すると、今度は夜中にお釜のふたを開けて冷ご飯の隠れ食い。ハッと気づくのは、頭の中にご飯の甘さがじわっと広がった時。こんなことすると、ほんと、あとで落ち込むのよ。

そんなことで、ゆる~く、おいしく続けられる料理を、人から聞いて作ったり、自分でも考案したりしだしたの。その中の決定打が、「オバ流キーマカレー」。これはとある割烹料理店のランチカレーを食べて、90kgだった体重を68kgまで落とした56才のビジネスマンY氏の話がヒント。さっそく食べに行くと、ご飯とキーマカレーの間に千切りキャベツがはさんであって、それがカレーの辛さを中和してなんともいいお味なの。

しかし、糖質制限ダイエットをしているY氏にカレーは厳禁メニューのひとつ。でも食べたい。そこで出た苦肉の策が、「ご飯抜き、キャベツ大盛!」だったんだって。その話を聞いた翌日、さっそくキーマカリーを作ったわよ。ご飯を完全に抜くと、私の体は反乱を起こすから、目につくところに握りこぶしの半分くらい置いて、あとは大量のキャベツの千切り。

キーマカレーは、冷蔵庫の中で、熟成しちゃったトマトとか、しなびたセロリとかと目が合ったら作り時でね。あと必要な材料は、玉ねぎ、にんじん、鶏肉、市販の即席カレー粉なら何でも。私は安いときに買い込んだにんにくをしょう油に漬けているんで、それも出番。

まず最初にすることは、すべての材料を刻むこと。で、フライパンにオリーブ油と“しょうゆにんにく”を入れて、着火。そこに玉ねぎを入れて、ここだけは手抜きせずに弱中火でひたすら色がきつねに変わるまで炒める。さらに鶏肉とキャベツ以外の野菜をどかどかと入れて、15分ほど煮込む。これだけ。

「牛すじの煮込み」はこんにゃくで

もう一品が、どかどかとこんにゃくと玉ねぎを入れた、「オバ流牛すじの煮込み」で、これはカレーよりもっと簡単だよ。牛すじをお湯にくぐらせてあく抜きして、玉ねぎとこんにゃくも一緒に食べやすい大きさに切って鍋の中へ。味付けはだしじょうゆにお湯を足して、だしの素をパラパラ。日本酒をたらり。コーヒーショップで使わずに持ち帰ったシュガーを2つ。これで20分、弱火で煮たらでき上がり。

食べる前に、刻みしょうがとか、唐辛子を乗っけると味がしまるけど、なければなくてもOK。この煮物のいいところは、牛すじの味がしみ込んだこんにゃくが、すんごくおいしいこと! こんにゃくって、「低カロリー」ばっかり言われるけど、だからガマンして食べると思ったら大間違いだよ。

あ、でも1個70円とかの安いのはこんにゃく粉で作っているものが多いからダメ。ここは奮発して、1個150円くらいのこんにゃく芋から作っているのを使ってね。味、ぜんぜん違うから!

【関連する記事をチェック!】
ズボラでも大丈夫!ガチの糖質制限に役立つ「ダイエット食材」5選
「ライザップ」を【体験レポ・食事編】水を飲めば”糖質制限”も怖くない!?
糖質量10gのパフェも!「資生堂パーラー」に低糖質スイーツ登場
食べ過ぎをリセット【痩せる食べ方Q&A】カロリーを脂肪に変えない食材は?
カトパン似芸人、4か月で体重-22kg、ウエスト-30cm!「MEC食」でダイエット成功

オバ記者(野原広子)

1957年、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

【この連載のバックナンバー】
●【79】平昌五輪見てやる気になって始めた「交差点エクサ」

【78】「食べ物ダイエット」で結果を出すコツをしみじみ語る
【77】ダイエットの強い味方、オニオングラタンスープに目覚めた!
【76】10か月で34kg痩せた男性が食べ続ける最強コンビニ食
【75】「最強ダイエット」を実行も、結局は食べ物と実感
【74】体力の衰えを痛感し、スクワットをやることを決意
●【73】ホテル清掃のパートで「美ボディ復活」を2018年の目標に!
【72】ウィキに自分のページを発見し、ダイエット熱にますます火が付く
【71】「洋裁する人に太っている人いない」説を語る
【70】電車の中で手軽にできるストレッチを実践中
【69】“暴食”続きの日々の中、人生で初めての胸キュン
【68】道の駅の絶品野菜、豪華パーティー…食欲の秋どう乗り切る?
【67】食べまくってリバウンド…ボクササイズで3分ミット打ちに挑む
【66】ダイエット中に食べ過ぎた!リカバリーのため腹筋に挑戦
【65】あずき水ダイエットにハマり…2か月で6kg減!
【64】1か月半で5.5kg減に成功! お掃除エクササイズにも挑戦
【63】ダイエットは「運動の翌日、数字に跳ね返るほど単純じゃない」
【62】ウオーキングに最適、10年愛用しているシューズを紹介
【61】お酒をがぶ飲みしてしまった翌日のリカバリーに成功
【60】「2日緩めて一晩キュッ」オバ流ダイエットの極意

関連記事