太りにくいのはどっち?うどんVSそば他ダイエット向きメニュー対決

うどんとそば、ハンバーグとステーキ、アイスクリームとプリンなど、普段よく食べる似たようなメニューでも、どちらを選ぶかによってダイエット的には大きな差が…。

写真/アフロ

「できれば少しでも太らないほうがいい!」とダイエット向きのものを選ぼうとする時は、カロリーだけではなく、栄養素も大事。食事の岐路をちゃんと選択できれば、ダイエットも成功しやすいし、その後の維持やリバウンド防止にもつながる。

では、迷った時にどちらを選ぶのが正解なのか――定番メニューでの気になるその答えを、サニーヘルス株式会社がダイエット情報サイト「microdiet.net」で調査レポートし、「二択で学ぶダイエット向きの太りにくい食べ物」として公開中。そこで、今回、ダイエット向けとして軍配があがったメニューをさらなる「痩せレシピ」やオススメ商品とあわせてご紹介!

【主食編】定番の麺類!うどんVSそば

写真/アフロ

カロリーはうどんが若干低いが、ダイエット的におすすめしたいのはそば。

今回、血糖値の上がるスピードを数値化したGI値に着目。同じ糖質でも種類によって異なるGI値は、数値が大きいほど血糖値が上がりやすくて太りやすく、小さいほど太りにくいが、うどん80/そば59。そばのほうがだいぶ低く、血糖値が上がりにくい。

また、そばに含まれるポリフェノールの一種であるルチンは、抗酸化作用があり、血液をサラサラにして血圧を下げる効果が期待できる。さらに、体内で合成できない必須アミノ酸のリジン、牛乳に匹敵する量の良質なタンパク(植物性)、脂肪などのエネルギー代謝に必須のビタミンB1やB2なども豊富に含まれているので、体重が気になる人には◎。

→そんな、そばのおすすめレシピはコチラ!
高たんぱくでメタボ対策にも最適!日本そばのおすすめレシピ

【主食編】単品メニューの王道!カレーVSパスタ

テッパン人気のカレーとパスタは、どちらも糖質(炭水化物)が高めだが、GI値で比較すると、カレーに使われる白米は84、パスタは65になるので、パスタに軍配! ちなみに、パスタは他の穀類と比べて、GI値が低く、太りにくいほうの部類になるそう。

→そんな、パスタのおすすめレシピはコチラ!
【旬レシピ】ほろ苦さが◎。むくみ解消に「菜の花とはまぐりのパスタ」

【続いて、肉料理とスイーツで診断!】

【お肉編】脂身がキー!?ハンバーグVSステーキ

写真/アフロ

ハンバーグの材料は、肉と脂身とが混ざり合った挽肉。脂肪が多く、脂身を切り分けることもできないので、同じ肉を食べるのであれば、挽肉ではなく塊肉のステーキがオススメ! ビーフ、ポーク、チキンのいずれにしても、挽肉を使ったハンバーグよりもヘルシーだ。

ちなみに、ステーキを食べる時は、脂身はカットして食べないのがベター。また、ハンバーグよりもステーキのほうが噛み応えがあるので、満腹感につながりやすいというメリットも。

→肉の中でも、脂肪燃焼のスイッチを入れる成分が鶏肉の約7倍で豊富な豚肉のステーキレシピはコチラ!
脂肪燃焼成分が豊富。“肉ダイエッター”のダイエット必勝の豚肉レシピ2選

【お肉編】吸油率に着目!とんかつVS唐揚げ

揚げ物は高カロリーだが、同じ揚げ物でも衣によって「吸油率」が異なり、カロリーが大きく変わってくるのだとか。

揚げ物の吸油率は、衣が厚くなるほど高くなり、それに伴いカロリーUP。衣なしの素揚げは吸油率3~8%、小麦粉・片栗粉を使用する唐揚げは6~8%、水に溶いた小麦粉使用の天ぷらは15~25%、パン粉使用のフライは10~20%。

ということで、とんかつよりは唐揚げのほうが◎。唐揚げは衣が薄いので、揚げ物の中で比較するのであればヘルシーなほう。

【スイーツ編】クリームが分かれ道?ショートケーキVSフルーツタルト

スイーツはいずれも糖質が高いのでなるべく避けたいが、この二択ならフルーツタルトをチョイス。

ショートケーキの大半は、小麦粉と大量の砂糖という高糖質なスポンジと、脂質メインのホイップクリーム。脂質と炭水化物の組み合わせは、それぞれ単体で摂取するよりも太りやすいといわれているため、要注意!

一方のタルトは、卵と牛乳から作られるカスタードクリームが使われているので、栄養的には脂質が少なくタンパク質が多め。また、フルーツがたっぷりトッピングされたタルトなら、ビタミンやミネラル、食物繊維も摂れるので、ケーキの中では栄養的に優秀な部類といえそう。

→糖質量が1カット10g以下で設計されているスイーツはコチラ!
低糖質スイーツにスーパーフードをプラス!「パティスリー ポタジエ」の野菜ケーキを【実食レポ】

【スイーツ編】温度が影響?アイスクリームVSプリン

プリンには卵や牛乳が主に使われているので、ダイエットに必須のタンパク質やカルシウムなどを補うことができる。一方、人間の舌は、食べ物の温度が低いと甘味を感じにくいため、冷たいアイスクリームには砂糖などの甘味料が他のスイーツよりも多く含まれているそう。また乳脂肪も高く、高脂肪・高糖質になるので、気をつけたいところ。

→そんな、プリンのおすすめ商品はコチラ!
定番商品との食べ比べも!ファミマ×ライザップ新商品を【実食レポ】

* * *

上手にメニューをセレクトして、ダイエットにつなげて!

【データ】
ダイエット情報サイト「microdiet.net」
https://microdiet.net/

【関連する記事をチェック!】
ズボラでも大丈夫!ガチの糖質制限に役立つ「ダイエット食材」5選
「ライザップ」を【体験レポ・食事編】水を飲めば”糖質制限”も怖くない!?
糖質量10gのパフェも!「資生堂パーラー」に低糖質スイーツ登場
食べ過ぎをリセット【痩せる食べ方Q&A】カロリーを脂肪に変えない食材は?
カトパン似芸人、4か月で体重-22kg、ウエスト-30cm!「MEC食」でダイエット成功

関連記事