オッサン声になってしまう8つの生活習慣。口呼吸、猫背など

年齢を重ねると徐々に声が低くなっていく。若い頃は高くてかわいらしかった声が、気づいたら“オッサン声”になっているという女性も少なくないだろう。

トレーニングで滑舌と美声は取り戻せる!(写真/アフロ)

声が低くなるのはひとつの老化現象だが、生活習慣も影響しているという。なかでも、声に悪影響を及ぼす生活習慣ナンバーワンは、「乾燥」。また、姿勢の悪さや嗜好品も声の健康の妨げになる。そこで、声の老化を防止するために、改善すべき8つの生活習慣を紹介する。

口呼吸をしている

口呼吸で乾いた空気を取り込むと声帯が乾燥する。鼻呼吸を意識して。すぐに改善するのが難しければマスクの着用を。

猫背

猫背の人は胸郭が広がらないため胸式呼吸に。すると呼吸量が減って声が出にくくなる。背筋を伸ばして胸を張ろう。

水分を摂る習慣がない

飲む行為は副交感神経を優位にし、気道を潤わせる。ホットドリンクの方が湯気で湿度も上がり潤い効果倍増。

スポーツ観戦や野外コンサートで盛り上がるのが好き

特に冬は、屋外で声を出し続け、乾燥した空気を吸い込むと、声帯を痛めやすい。こまめに水分補給を。

飲酒・喫煙の習慣がある

飲酒後はアルコール分解の際、体内の水分を使うため、体が水分不足に。飲酒の際は水分を摂ろう。喫煙は声帯を直接傷つけるので、禁煙は必須。

緊張する機会が多い

緊張している時は自律神経のバランスが乱れて声帯まで潤いがまわらず、のどが渇きやすくなる。温かい飲み物をこまめに摂ろう。

辛いものが好き

辛いものを食べると、胃酸が増えて食道に逆流することが。声帯まで上がってくると炎症を起こすことも。特に逆流性食道炎の人は控えて。

無表情なことが多い

顔の周りの筋肉を使っていないので筋力が弱まり、滑舌も悪くなる。特に、スマホ操作中は無表情や猫背になりやすいので要注意。

【では、若々しい声になるトレーニングって?】

「若々しい声は取り戻せます」。こう断言するのはフリーアナウンサーの𡈽井(どい)里美さん。彼女自身、産後5か月間トレーニングなどを続け、最終的に滑舌と声の高さを取り戻したという。そのトレーニングは以下の3つ。

1:発声練習/声帯のトレーニングで、同時に肺活量も増やす

発声練習をすることで、声帯が鍛えられる。その方法は、次の通り。

【1】指が縦に2本入るくらい大きく口を開ける(指は人さし指と中指がおすすめ)。
【2】口を開けたまま、20秒間「あー」と大きな声を出し続ける。

これを20秒×3回行う。音の高さが下がらないよう、同じ音量、同じ太さで出し続けることがポイント。

「“あー”と声を出して声帯を震わせることで、声帯を鍛えられるんです。このトレーニングは、“もう息が続かない”と思えるまで続けてください。最初は10秒くらいしか息がもたない人でも、毎日やることで確実に秒数が延び、肺活量も増やせます」(𡈽井さん。以下「」内)

秒数が延びていくうちに、声質も少しずつ変化するという。

2:あいうべ体操/口を大きく動かすクセがつく

口を大きく開けて、ゆっくりと「あー」、「いー」、「うー」、「べー」と発声するだけで滑舌改善に効果が。「うー」で唇を思い切りとがらせ、「べー」で舌を目いっぱい出すことがポイントだ。これを1日30回行う。

「この体操は、口の周りの筋肉と舌の筋肉を使います。口の周りの筋肉を使うと、口の動きがよくなります。すると口が大きく開くようになり、音も抜けて響きのいい声になります」

同時に舌の筋力が回復すれば、滑舌もよくなるという。

「声優のしゃべりを聞くとわかると思いますが、いい声って、相手が苦労せずに聞き取れる声だと思うんです。会話をするたび、相手を疲れさせないよう、滑舌が気になる人はぜひ挑戦を」

3:腹式呼吸&ドローイン/相手の耳にしっかり届く存在感ある声を作れる

呼吸をする時、お腹を使わず、胸から上で呼吸する「胸式呼吸」、あるいは肩で呼吸をする「肩式呼吸」を無意識にしてしまう──このタイプは声が細く、相手の耳に届きにくい話し方をするのが特徴だ。それをカバーするのが腹式呼吸である。

「鼻から吸ってお腹を膨らませ、吐く時はお腹を凹ませながらたっぷり息を出す。この腹式呼吸ができれば、太い声が出て相手の耳に届きやすくなります」

お腹を膨らませたり凹ませたりできない人は、次のドローインを試そう。

「おへそをぐっと凹ませたまま30秒キープ。この時、肩甲骨を寄せてお尻の穴を締めます。それだけでかなりの運動量になり、お腹の周りもほっそりしてきますよ。私は、赤信号で引っかかった時にやると決めていて、1日数回はしています」

口の周りの筋肉を鍛え口角を上げよう!

「声が低くなっても、滑舌をキープすれば若々しい印象を与えられます」と𡈽井さん。

確かに高齢でも、「さしすせそ」をきれいに発音できる人には若さを感じる。滑舌を鍛えるのにおすすめなのも、上の3つのトレーニングだ。

「よく聞き返されるタイプは、口をあまり動かさずにしゃべっているんです。口を動かさないと口の周りの筋肉が衰え、舌の動きが弱くなります。そして音があいまいになってしまう。年を取るほど、顔の筋肉を意識して動かしてほしいですね」

また、話す時に口角を上げるのもおすすめだという。

「口角を上げて話すと、のどの奥の声を響かせる空間(共鳴腔)が広がります。結果、声の響きがよくなって、声がきれいに聞こえるんです。声に化粧をするつもりで試してみてください」

実践すれば、あなたも「声美人」になれること間違いなし!

※女性セブン2018年3月1日号

【関連する記事をチェック!】
「声の老化」を7つのサインで判定!対策にはマメな保湿を
“若返りの薬”の呼び名も。今が旬!の「そら豆」の栄養素と痩せレシピ6選
オトナ女子ランキング 小泉今日子と菅野美穂が転落の理由
奇跡のアラフィフ・石田ゆり子の魅力を辛酸なめ子氏が分析
輝く”美肌”の秘密は?平子理沙が「スキンケアのルール」を伝授

関連記事