旬のレモンでダイエット!疲労回復にも役立つ「ささみとひじきのレモンマリネ」

1月から3月に収穫のピークを迎えるレモンは、美容とダイエットに◎。

そこで、レモンに詳しい管理栄養士の柴田真希さんにその効果を引き出すレシピを教えてもらった。

今回は、鉄分の補給に役立つ「ささみとひじきのレモンマリネ」。食べ応えもあって、ダイエット中に◎。

材料(2人分)

鶏ささみ…6本 酒…大さじ1 塩・こしょう…少々 ひじき(乾)…約10g 玉ねぎ…1/2個(約100g) レモン(いちょう切り)…1/2個(約50g) 赤パプリカ(薄切り)…1/4個(約40g) 片栗粉…大さじ1 オリーブオイル…大さじ3 イタリアンパセリ…適量
【A】砂糖…大さじ1 塩…小さじ1/4 酢…50cc

下準備

・ひじきは、水に20分ほど漬けて戻し、水切りをする
・鶏ささみは、筋をとり、そぎ切りにして2等分し、酒、塩・こしょうに10分ほど漬けておく
・玉ねぎは、繊維を断ち切るように薄くスライスする

作り方

【1】ボウルに【A】を砂糖、塩、酢の順に入れて混ぜ合わせ、ひじきと玉ねぎ、赤パプリカを加える
【2】フライパンにオリーブオイルを入れ、火にかける。鶏ささみの表面にまんべんなく片栗粉をつけて、フライパンに入れる。片面を3分ほどずつ、弱火から中火で焼く
【3】鶏ささみの中まで火が通ったら、オリーブオイルごと、【2】のボウルに入れて、野菜がしんなりとするまで漬ける
【4】器に盛り付け、イタリアンパセリを飾る

「ささみとひじきのレモンマリネ」のダイエットへの効果は?

レモンにはコレステロール値や中性脂肪を低下させ、脂肪の代謝を促進する働きがあるという。また、レモンに含まれる「クエン酸」には、疲労回復への効果が期待できるので、運動後の食事にぴったり。

「ひじきは、植物性の非ヘム鉄を含み、貧血対策に◎。動物性のヘム鉄に比べると、吸収率が劣るのが難点ですが、鶏ささみのような『動物性たんぱく質』や、『ビタミンC』と『クエン酸』を含むレモンと共にとると、吸収率を高めることができるんです」(柴田真希さん)

ヘルシーでおいしく、貧血対策にも効果あり! ダイエット中の人は日々のレパートリーに加えて。

【関連する記事をチェック!】
旬のレモンでダイエット!代謝アップに◎の「薬膳レモン白湯」
【今が旬】ビタミンCが美肌や風邪予防に◎「小松菜」の簡単レシピ6選
食べて痩せる!伊藤かずえの【やせおか】作り置きレシピ3選
【痩せる食べ方Q&A】痩せたいのなら、朝は◯◯を飲むべき!
食事にちょい足し!ダイエットに役立つ「注目スーパーフード」4選

監修:柴田真希(しばた・まき)

管理栄養士。エミッシュ代表取締役。女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理や栄養カウンセリング、食品の企画、開発、営業などに携わり、独立。著書に、『やっぱり、塩レモン!』(河出書房新社)、『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』『ココナッツオイル使いこなし事典』(共に、世界文化社)など

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...