もう失敗しない!ダイエットのリバウンドをコントロールする「Di理論」

「もう二度と太らない!」。そう決めたのに結局リバウンドしてしまい、今までの努力が水の泡…そんなことを繰り返しているあなた。今回、紹介する「Di理論」ダイエットを実践すれば、リバウンドの悩みとはもうおさらばです。

rebound

ダイエットに失敗した経験、あなたにもないだろうか。その多くはリバウンドが原因だという。

「私のチームの研究によると、ダイエット成功後、再び太って元の体重より増えてしまう人は8割に達することがわかりました」

そう話すのは、予防医学研究者の石川善樹さん。石川さんは東大医学部を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院を卒業。15年間にわたってダイエットの研究に取り組んできた。なぜリバウンドしてしまうのか。

ダイエットのリバウンドは当然と心得るべき

「ダイエットの過程で体重とともに筋肉量が減れば、その分基礎代謝(生命活動のために最低限必要なエネルギー量)が減るので、同じ量を食べていても太りやすくなる。だからダイエットに成功した後、元の食生活に戻したら、リバウンドするのは当たり前なのです」(石川さん)

ほとんどの人がその理屈を無視して、目先の体重を減らすことばかりを考えて、減量後の体重維持について考えていないという。

その石川さんが提唱するのが「Di理論」。この理論に沿ってリバウンドをコントロールすれば、減量後の体重が維持されるため、「もう一生、ダイエットをしなくてすむ」(石川さん)のだとか。

ではその中身を紹介しよう。

【リバウンドしない、その理由は!?】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事