ぽっちゃり体形3タイプ別、スリムに見せる冬コーディネート術

セーターで着ぶくれ、コートでさらに一回り大きくなる冬のおしゃれ、どうしたらスッキリ着こなせる? 渡辺直美や柳原可奈子といった“ぽっちゃり女子”のスタイリスト・大瀧彩乃さんが、オーバー40のオトナにも似合う、着やせしてスタイリッシュに見える着こなしを3タイプの体形ごとに指南してくれました!

むっちりとした体のラインを強調する不安感から、実際より大きめを選ぶ人も多い。まずはジャストサイズを知り、体のフォルムを知ることが大切だと大瀧さんは言う。

スリーサイズを測ってみるとわかりやすいが、同じぽっちゃり体形でも、上半身と下半身の肉づき具合で3タイプに分けられると大瀧さん。似合う服も変わってくるそう。

「自分の体で太めのところは隠し、細めのところを強調するとスッキリします。

体につかず離れずのサイズがジャスト。正面だけ見がちですが、背中のお肉で後ろに不自然なしわが寄っていたり、横から見たらお腹が出ていることも。下着姿でピンとこなければ、体のラインが適度に出る服を着てみると、自分の体形がわかります」

ではさっそく、自分の体形を3タイプに診断!

上半身ぽっちゃりVタイプ

胸が大きい、二の腕が太い、肩幅が広くがっしり見えるなど、下半身より上半身の太さが目立つ。上半身はゆったりめの服で体のラインを隠し、下半身はタイトめなシルエットで細さを強調するとよい。

●オススメコーディネート例

トップスは、大きな胸をゆったり隠しつつ、首元が開いてすっきり見える、前身頃が着物の襟もとのようなカシュクールが◎。中に着るのはタートルネックや厚手のものは避け、スッキリ見せる。

パンツは、スキニージーンズなどで上半身とのバランスをとる。ストレッチの効いたものだと、動きやすく快適。ロールアップなどで足首を見せ、足元は軽やかさを強調するのも忘れずに。

●スカートなら…

ひざ丈のタイトスカートで細めの下半身を強調。浅めでもスリットが入ると、よりスッキリ見える。

●コートなら…

襟がついたPコートなどがおすすめ。お尻が気になるようなら、お尻が少し隠れる丈がベスト。

●ワンピースなら…

カシュクールタイプの他、襟つきのシャツワンピが◎。胸元とひざ下は見せるとスッキリ感アップ!

【続いて、その他のぽっちゃり2タイプについて!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事