渡辺直美担当スタイリストが教える!スリムに見せる冬コーデ術

加齢とともにたるむ体、しかも食べればすぐに体重は増えて…。体形を気にして、サイズはあえて大きめに、色やデザインが年々地味になっていませんか?

渡辺直美や柳原可奈子といった“ぽっちゃり女子”のスタイリングを手がけるスタイリストの大瀧彩乃さんが、オーバー40のオトナにも似合う、着やせしてスタイリッシュに見える着こなしを緊急指南!

メリハリあるサイズ感と色で着やせ

ただでさえふっくらした体形が気になるのに、冬はセーターやコートなど、洋服の厚みが加わって“着ぶくれ”“冬太り”はさらに悲惨な状態に…。そんな時、“体のラインは出さず、黒い色の服を着ればいい”と思っていませんか?

芸能人のスタイリングを手がけるスタイリストの大瀧彩乃さんは、これこそが間違いと言う。

「ピチピチの服は見るからに窮屈で太って見えますが、全身がダボダボだと、実際の体つきも同様に見え、かえって損なんです。ゆったりしたセーターなら、パンツは体にフィットするものを選ぶなど、メリハリをつくるとスッキリ見えます。私が担当して10年目になる渡辺直美さんは、スカートがボリューミーならトップスは胸元を大きく開けてコンパクトにまとめる、などと意識しています。

また、引き締め色の黒は、全身を覆ってしまうと、のっぺりして重たい印象を与えてしまいます。カーキなど他の暗めの色を合わせたり、あえてビビッドな色を合わせることも。ビビッドな色は引き締まって見えるし、そこに視線がいくので、隠したい部分の目くらまし効果もあります。洋服に限らず、バッグやアクセサリーを明るい色にするのもアリです」(大瀧さん、「」内以下同)

スタイリストの大瀧彩乃さん。アイドルグループ『チェキッ娘』を脱退後ファッションの世界に

特に暖かさと気軽さで人気のダウンコートは、下に着る洋服の厚みもあり、着ぶくれの代表格でもある。

「ウエストまわりのステッチの幅を細くしたり、ウエストを絞ったシルエットだったり、着やせを考えたものも増えています」

ブーツは、ひざ下を覆う長さか、くるぶし丈のブーティーを。

「ふくらはぎの途中を分断する丈は、そこに視線を集めて太さを強調してしまいます。半端な丈は危険です」。

冬ならではの着ぶくれ対策は、モコモコした素材は避け、寒ければ保温効果の高いインナーで調整を。

着やせポイントを覚え、まずはファッションからダイエットをスタート!

では、実際のお手本冬コーデをご紹介。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事