【オバ記者連載79】平昌五輪見てやる気になって始めた「交差点エクサ」

そんなわけで、ここのところ毎朝、トマトに塩を振って食べてから簡単な朝食を食べて出動。寒いうちはやめていた職場まで40分の道を歩き出したわけ。その間、とびきり大きな交差点がひとつと、中くらいの交差点がふたつ。信号待ちをしている時間をどうにかできないかと思って、小さなエクササイズを始めたんだ。

ひとつは、背筋を伸ばして息を吸い込んだら、お腹をめいっぱい凹ませて、凹ませたまま、息をゆっくり吐く。吸う、吐くという呼吸法。これを繰り返しやると、インナーマッスルを鍛え、冷えを解消するんだって。

ふたつめは、体幹立ちエクサ。かかとをつけて立ち、爪先もぴたりとつけて、グンと膝をのばす。そして、つま先が浮かないように気をつけながら、体の重心を後ろに移動する。重心を後ろに移動すると、おしりにキュッと力が入るのがわかるよ。ぐらつかずにピタリと落ち着くところを見つけて立っていると、数秒で体がポカポカしてくる。

で、これは私のオリジナルなんだけど、交差点で信号が変わった瞬間、誰より早く一歩を出す。そのためには、信号が変わりそうな直前に、左足に重心を置いて、「青!」になったら、素早く右足を出す。

最初は、意識だけ先にいって、思ったように右足が出なくてショックだったけど、やっているうちに少しずつ早くなるんだわ。この交差点待ちエクサは、誰にも気づかれないっていうのがいいよね。もちろん、交通安全に気をつけてやらなきゃね!

【関連する記事をチェック!】
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
ダイエットの大敵、冷え。入浴での血行促進と睡眠で解消するコツ
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選

オバ記者(野原広子)

1957年、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

【この連載のバックナンバー】
【78】「食べ物ダイエット」で結果を出すコツをしみじみ語る
【77】ダイエットの強い味方、オニオングラタンスープに目覚めた!

【76】10か月で34kg痩せた男性が食べ続ける最強コンビニ食
【75】「最強ダイエット」を実行も、結局は食べ物と実感
【74】体力の衰えを痛感し、スクワットをやることを決意

●【73】ホテル清掃のパートで「美ボディ復活」を2018年の目標に!
【72】ウィキに自分のページを発見し、ダイエット熱にますます火が付く
【71】「洋裁する人に太っている人いない」説を語る
【70】電車の中で手軽にできるストレッチを実践中
【69】“暴食”続きの日々の中、人生で初めての胸キュン
【68】道の駅の絶品野菜、豪華パーティー…食欲の秋どう乗り切る?
【67】食べまくってリバウンド…ボクササイズで3分ミット打ちに挑む
【66】ダイエット中に食べ過ぎた!リカバリーのため腹筋に挑戦
【65】あずき水ダイエットにハマり…2か月で6kg減!
【64】1か月半で5.5kg減に成功! お掃除エクササイズにも挑戦
【63】ダイエットは「運動の翌日、数字に跳ね返るほど単純じゃない」
【62】ウオーキングに最適、10年愛用しているシューズを紹介
【61】お酒をがぶ飲みしてしまった翌日のリカバリーに成功
【60】「2日緩めて一晩キュッ」オバ流ダイエットの極意

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事