アンチエイジング効果も期待できるゴルゴンゾーラレシピ2品

ワインのおつまみによし、パスタやピザと合わせてもおいしい。イタリアのブルーチーズ、ゴルゴンゾーラの青かびは、ピリリとした辛みと酸味が特徴。その独特の風味は、本格的イタリアンを食卓で楽しむのに塩梅がよい。そんなゴルゴンゾーラについて家庭料理研究家の松田美智子さんに聞いた。

アンチエイジングも期待できるブルーチーズ

「ゴルゴンゾーラチーズをパスタのソースとして使う場合は、そのまま火にかけると焦げやすいので、生クリームと合わせてクリーム状にしてから和えるのがコツ。辛みもまろやかになって食べやすくなります」

英国のスティルトン、フランスのロックフォールと並んで“世界三大ブルーチーズ”と呼ばれる。イタリアのロンバルディア州ゴルゴンゾーラ村で作られたもの以外は“ゴルゴンゾーラ”と名乗ることはできない。

ゴルゴンゾーラには2つのタイプがある。1つは青かびが多く辛みのある「ピカンテ」。もう1つは辛みがマイルドでクリーミーな「ドルチェ」。青かびチーズが苦手な人でも、ドルチェなら食べやすいはず。また、熟成が進むとクセも強くなるので、なるべく若いゴルゴンゾーラチーズを選ぶと食べやすい。

はたしてかびの生えたチーズに栄養価があるのか?と疑問に思うかもしれないが、ブルーチーズにはビタミン、ミネラル、たんぱく質などが豊富に含まれ、さらに「パルミチン酸」という成分は抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも効能が期待できる。

ただし、塩分が多めなので、一度に食べすぎないほうが無難だ。

保存の仕方

ゴルゴンゾーラチーズは、若いものでもイタリアから輸入され、日本の店頭に並ぶ頃には熟成が進み、ちょうど食べ頃になっているものも多い。なるべく早めに食べ切るのが望ましいが、保存する場合は、ワックスペーパーでぴっちりと包み、においが漏れないよう、密閉容器に入れて冷蔵庫へ。他の食品に青かびが接触しないよう、くれぐれも注意を。

ゴルゴンゾーラのスパゲッティ(2人分)の作り方

【1】ゴルゴンゾーラチーズ50g、パルメザンチーズ1/4カップ、生クリーム1/2カップをボウルに入れ、プロセッサーかハンドミキサーでクリーム状に。

【2】大きめの鍋に水1.5Lと塩大さじ2を入れて沸騰させ、スパゲッティ140gをアルデンテにゆでる。

【3】フライパンににんにくのみじん切り小さじ1、オリーブ油大さじ2を入れて弱めの中火で炒める。【1】を加えて混ぜ、白ワイン大さじ2、スパゲッティのゆで汁大さじ2~4を味をみながら加える。

【4】ゆで上がったスパゲッティを鍋からフライパンへすくい入れて【3】を絡める。器に盛り、粗びき白こしょう適量をかける。

ゴルゴンゾーラ・バケットの作り方

【1】ゴルゴンゾーラ50gは、常温に15分置いてやわらかくしておく。

【2】バケットを適当な長さに切ってゴルゴンゾーラをのせ、マーマレード(今回使用したのはゆず)を合わせていただく。

撮影/鍋島徳恭

※女性セブン2018年2月22日号

【関連する記事をチェック!】
高カロリーでもダイエットに◎!?パルメザンチーズのスライスサラダ
ぺことりゅうちぇる驚愕!パルメザンチーズにダイエット効果
【やせおか弁当】冷蔵庫で4、5日もつ「チーズミート弁当」
【やせおか】レンチン!チーズがとろり「牛肉団子風のチーズ煮」
糖質制限は×、菜食より肉食が○など「ヤセる食べグセ」とは?

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. さきこ より:

    チーズは苦手だけど、これなら続けられそう(^^)/

    0

最新コメント

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事