ヴィクシーエンジェルが伝授!下半身、腹筋、お尻を引き締める【緊急エクサ】

「アディダス(adidas)」のアンバサダーも務めるスーパーモデル、カーリー・クロス(25歳)は、10代の頃から体を動かすことを楽しんできたそう。

「バスケットボールやサッカー、水泳などさまざまなスポーツに挑戦してきたわ。それにクラシックバレエに親しんでいたのも、自分の体に対する意識を深めるのに役立った。ショーの舞台で自信をもつのにも」と、米国のウェブメディア「Vogue.com」に語っている。

そんなカイリーだけれど、特に大事なショーの前には念入りにボディを鍛えているよう。カイリーは、2017年11月に人気ランジェリーブランド「ヴィクトリア・シークレット」に備えるための直前ワークアウトを自身の「YouTube」チャンネルで公開。そのメニューは以下。

Lower Body/下半身引き締めエクサ(3〜5セット)

【1】相撲スクワット(20回)
太ももを使い過ぎずに、お尻と背中の筋肉を活性化し、体幹を強化できるエクササイズ。脚を大きく開き、足先は外に向けるのがコツ。
【2】バンドウォーク(30秒)
足首にバンドを巻いて、カニ歩き。こちらは、お尻の脂肪燃焼に◎。
【3】スプリット・スクワット(12回)
脚を前後に開いて、腰を下ろす。このとき、両ひざの角度は90度、重心は前方に。
【4】プランク・クロスオーバー(左右各10回)
プランクの体勢で、ひざを折り曲げてから、蹴り上げる。2回行なったら、反対側の脚にチェンジ。ターゲットゾーンは、体幹。
【5】ウォーキングランジ(左右各1分)
ランジを前方へと進みながら行う。

Abs Circuit/腹筋エクサ(3〜5セット)

【1】マウンテンクライマー(左右各40回)
プランクの体勢で、足踏みをする有酸素運動。
【2】モデファイドVアップ(1分間)
仰向けに寝転び、両腕は肩の高さで横に広げる。上体を起こしながら、左手と右足、右手と左足を交互にタッチ。
【3】ツイストサイドプランク(左右各10回)
ひじをついた姿勢でサイドプランクの体勢に。体をねじって、上げていた腕を胸と床の間に入れて、元に戻す。

Booty/美尻エクサ(1セット)

【1】ドンキーキック(左右各12回)
四つん這いになって、ひざを90度に保ったまま、上げ下げ。さらにお尻の高さに脚を保って、ひざだけを上下する。
【2】トライアングルコーナー(左右各12回)
ひじをついた姿勢で、脚を右45度後ろ、左45度後ろの順に動かす。最後に真後ろ脚を上げて、上下する。
【3】ファイヤーハイドラント(左右各12回)
四つん這いになって、股関節を外側に屈曲する。ひざは90度を保つ。

「エクササイズは水をしっかり飲みながら行なって。体幹にしっかりと力を入れながら行うのがポイント。私はウエイトで負荷を上げているけれど、負荷なしでも十分キツい。たっぷり汗をかくわよ」と、カーリー。

旅行に持っていくべき”ヘルシースナック”の選び方もご紹介!

また、カーリーは自身のチャンネルで、体型維持に役立つさまざまな情報を共有している。例えば、食物繊維入りのお茶やプロテインパウダーの入ったバーなど、”旅行に持っていくべきヘルシースナック”を専門家にインタビューして紹介した動画も。

カーリーのような引き締まったボディを目指したい人は、エクササイズと共にご参考に!

※この記事は抄訳です。

【関連する記事をチェック!】
元カレも大絶賛の「美尻」!セレーナ・ゴメスのエクササイズ方法
今、鍛えるべきは「背中」!”魅せる裸”を作るダコタ・ジョンソンのエクササイズ方法
産後も変わらず、ほっそりボディ!榮倉奈々さんの【美痩せ習慣】
かに歩きで引き締め!人気タレントほのかの【筋活レポ06】
【顔ヨガ1分動画】「三角の舌」で美しいデコルテ&フェイスラインをゲット!

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...