お肌の乾燥対策に!加湿器4種それぞれのメリット・デメリットは?

冬の乾燥対策の必須アイテム、加湿器。加湿器と一口に言ってもその種類はさまざま。それぞれの特徴を理解して、自分のライフスタイルに合ったピッタリの一台を見つけて。

加湿器はどう選ぶ?(写真/アフロ)

デザイン性と機能性を兼ね備えた品が続々誕生

加湿器は構造の違いによってそれぞれ特徴があるという。生活に役立つ家電を紹介する家電プロレビュアー、家電ライターの石井和美さんが語る。

「注目すべきは電気代、機能性、安全性、お手入れ方法の4つ。電気代の安さを優先するなら、気化式か超音波式、機能性ならスチーム式かハイブリッド式、安全性ならスチーム式以外、お手入れの手軽さならスチーム式を選ぶといいでしょう」(石井さん)

煙がもくもく、見た目も楽しい【超音波式】

超音波振動で霧状にした水を散布するタイプ。広い面積よりもスポット加湿にオススメ。デザインやサイズが豊富なのも魅力。

メリット:デザイン性が高いタイプが多い。電気代は安め。
デメリット:カビや雑菌が繁殖しやすいので、こまめなお手入れが必要。結露しやすい。

デザイン性バツグン卓上加湿器

7色に変化するLEDとアロマの香りに癒される。卓上にもなじむおしゃれなデザイン。Vacplus アロマディフューザー(木目調) 2860円/桜木

衛生的に均一に部屋を加湿

水に潜むバクテリアが99.9%除菌されたミストで加湿。夏は扇風機としても使える。Dyson Hygienic Mist 5万2704円/ダイソン

携帯できるから会社のデスクや旅先にも!

水タンクを内蔵しておらず、カップなどの水に浮かべて使う仕様。コンパクトで持ち運びにも便利。FOGRING 3240円/YO-KO

安全性が高く電気代も安い【気化式】

専用のフィルターに水を染みこませ、そこに風をあてて気化させるタイプ。湯気が出ないのでヤケドの心配がなく、電気代の安さはトップクラス。

メリット:吹き出し口が熱くならない。電気代が安い。
デメリット:フィルターはこまめなお手入れが必要。加湿スピードは遅め。

高いデザイン性でインテリアにも

取り入れた空気を酵素プレフィルターで除菌してから加湿、送風するため清潔。置いたまま給水できて便利。Rain 4万9680円/BALMUDA

すばやくパワフルに加湿

加湿プラス「ナノイー」搭載で、お肌の水分量、うるおいスピードもアップ。FE-KXP07 オープン価格/パナソニック

【続いて、ハイブリッド式とスチーム式をご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. まゆ より:

    加湿器ってお値段ピンキリですね~。
    高いのはホント高い…。
    でも安くてコンパクトなのは度々の給水が面倒。
    オシャレインテリア系か機能重視の家電系か、そこが悩みです。

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事