冬の部屋の乾燥対策には霧吹き、部屋干し、観葉植物のコンボが有効

冬の乾燥の主な原因は空気中の水蒸気量低下によるもの。一般的に肌に良いとされる湿度は60~65%で、60%以下になると肌の乾燥が加速し、顔はもちろん、体、髪などにかゆみやかぶれ、小ジワ、パサつきなど、さまざまなトラブルを引き起こす。平均湿度が60%以下になる冬は、まず湿度を保つよう部屋環境を整え、日々のスキンケア、入浴法などでしっかり保湿する必要がある。

湿度を保つ部屋の環境作りを

とくに肌保湿ケアのキーワードとなるのが肌の必須成分“セラミド”。花王 キュレル事業部の久保久子さんはこう語る。

「セラミドはもともと人の肌にある成分で、角質を柔らかくし、肌の潤いを保ち、乾燥や汗、紫外線などの外部刺激から肌を守るバリア機能の要となる、優れた保湿成分です。セラミドが不足し、肌のバリア機能が低下すると、外部刺激を受けやすくなり、肌荒れ・カサつきなどを起こしやすくなるため、セラミドを守って補うスキンケアで、意識して肌の潤いを保つことが大切です」

あなたの肌は大丈夫? 以下のチェック項目が多いほど乾燥性敏感肌の可能性が!

【乾燥性敏感肌チェックリスト】

□肌荒れやカサつきトラブルを繰り返す
□昨日まではなんともなかった化粧水が、今日はしみる
□ほお、目元、口元がガサガサ。皮むけすることもある
□髪が肌に触れるだけで気になる
□服がこすれて、腰や脇がチクチクする
□衣類の素材に気を使う
□汗をかいたあと、肌がかゆい。またはピリピリする
□背中がかゆくて眠れない
□頭皮のフケ・かゆみが気になる
□頭皮をつい、かきむしってしまう

(提供/キュレル)

それでは早速、乾燥しがちな冬の部屋をしっとり潤う部屋にチェンジを!

Point 1:空中やカーテンに霧吹きを

カーテンを少し湿らす程度にシュッ。顔・体には、エアゾール缶スプレーの化粧水を空気中で浴びて。

Point 2:洗濯物を部屋干しする

洗濯物の水分が蒸発して、部屋の湿度がアップ。濡れタオルをかけておくだけでもOK。

Point 3:切り花や観葉植物を飾る

「植物の蒸散(水を水蒸気として出すこと)によって、加湿器と同様の効果が得られます」(皮膚科医の山田美奈さん)

【続いて、Point4~8をご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ゆうこ より:

    わかってたつもりだけど、やっぱり保湿が一番大事なんだねー!
    加湿器がなくても、植物を飾るだけでも効果があると知って目からうろこでしたー!

    0

最新コメント

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事