3か月で−5kgのスタッフも!「TACTIVE」の卓球レッスンを【体験レポ】

日本人選手の活躍が注目を集め、卓球台を置く飲食店も増えるなど、東京五輪に向けてますます人気が高まっている卓球。

東京・渋谷区にある「T4 TOKYO(ティーフォー トウキョウ)」では、そんな卓球を会社帰りなどに楽しむことができる。こちらはレストラン&バー「The Rally Table(ザ ラリー テーブル)」や、卓球ブランドショップ「VICTAS(ヴィクタス)」などが入る複合施設。

さらに、地下1階の卓球スクール「TACTIVE(タクティブ)」には、卓球経験豊富なトレーナーが常駐している。しっかり指導してもらえるので、初心者や経験が浅い人でも、気軽にチャレンジできるのがうれしい。

そこで、アラサー編集・Oがプライベートレッスン(60分5940円)に挑戦。小学生のころに卓球部に在籍していたけれども、ラケットを握るのはほぼ20年ぶりというOの感想は…?

* * *

「T4 TOKYO」の脇にある階段から地下に降りると、秘密の特訓施設のような卓球場から、ピンポン球を打つ音が聞こえてくる。

卓球部に所属していたときは、お世辞にも強い選手とは言えなかったけれど、当時の経験が役に立つはず、と懐かしい音を聞きながら意気込んだ。

基本姿勢を覚えて球を打ち返す練習からスタート

ダイエット目的の練習内容で…と事前に伝えていたものの、基本のフォームや正しい動きができないことには始まらない。

ということで、まずはピンポン球を打ち返し続けるラリーで、スキルをチェック。基礎をすっかり忘れていた私は、まずそこでラケットの持ちかたや姿勢のレクチャーを受けることに。腰を落とした低重心の状態で、ラケットの角度を45度くらいに保ったまま、体の横からおでこの前まで振り上げるのが基本の姿勢。

基本姿勢で素振りを数回繰り返したら、トレーナーの清野由紀さんが打つ球をひたすら打ち返す「多球練習」がスタート。卓球台の右側1点を目指して打ってくれるので、「これは余裕でしょ!」と思ったのもつかの間、私の打った球は、てんでバラバラの方向へ飛んでいってしまう…。思わぬところへ飛んでいくたびに、悔しくて思わず「あぁー!」と声をあげてしまった。

これは、振り上げたときにラケットの角度が変わってしまっていることが原因なのだとか。球が当たる角度が変わるせいで、飛ぶ方向も変わってしまう。

左胸の前で持ったラケットの裏側を使って、球を押し出すように打つバックハンドも同様に練習した後、今度は右左交互に飛んでくる球を返す練習にシフト。反復横跳びの要領で左右に移動し、ラケットで球をとらえていく。

気を抜くと、ラケットの角度が曲がったり、腰の位置が高くなっていたり、大股で左右にジャンプしていたり…。そうすると、自然と球も上手に打てなくなってくる。ところが、すべてのポイントをきちんと意識すると、打ち返した球が面白いくらいきれいに決まって気持ちいい! その繰り返しで、必死になって球を打っているうちに、うっすらと汗もかいてきた。

続いて今度はスマッシュへ。相手が球を拾えないように、強く球を打ち込む技だけれど、力を込めて球を打とうとすると、台から外れたところへ球が飛んでいってしまい、苦戦。

4~5回に1回しか決まらず、打率的にはイマイチだったけれど、思い切り球を叩き込むのは快感! ストレス解消にもおすすめとのことなので、ダイエット中のストレスを発散するために訪れるのもアリかも。

【卓球のダイエット効果は?】

人気スポーツになりつつある卓球は、ダイエットにも◎とか。東京・渋谷区にある「TACTIVE(タクティブ)」で、プライベートレッスンに挑戦!

ダイエッター向けメニューは瞬発力が鍵

30分ほど初歩的な練習を行い、球を打ち返すことに慣れてきたところで、いよいよリクエストしていたダイエット向けのメニューへ。

まずはラリーから。1球1球を単発で打つのではなく、返ってきた球を打ち返し続けるので、気が抜けない。また、体を大きく使わず腕だけで球を打っていると、だんだん後ろにさがっていってしまい、立ち位置が台からだいぶ離れてしまう。すると、変な場所に球が飛んでいく。

それでも、さすが清野さんはこちらの台の右側のほぼ同じ場所に打ち返してくれるので、フォームを崩さないようにひたすら打ち返す。動くフィールドはせまいけれど、常に脚を動かしているし、右腕も振り続けているので、これは意外と全身運動だ! 10分ほどで息が上がってしまう。

ここで5分ほどの休憩。「プライベートレッスン」だと、こちらの様子をみて、休憩のタイミングも調整してもらえるそう。これなら、運動に苦手意識がある人でも取り組みやすいはず。

休憩をはさみ、練習はさらにレベルアップ。前半では、清野さんが左右交互に打ってくれる球を打ち返していたけれど、これがランダムになる。

卓球台の左側で構えていると、フェイントをかけて右側に球が飛んできたり、はたまたバックハンドが2回続いたり、飛んでくる球が着地するところを見極めて打ち返す。瞬発力が必要で素早く左右に移動するので、前半に比べてよりハードに。ステップは平気だけれど、どんどん腕が上がらなくなってきて、球が上手に打ち返せなくなってきた…。

こちらも10分ほど行ったところで、最後はクールダウンを兼ねてラリーを行った。

脚を踏み込んだり、左右にステップしたり、卓球の基本の動きは変わらないので、ダイエット目的の場合は、とにかく動き続けることが重要なのだとか。

60分のレッスンが終わる頃には、もうヘトヘト。脚が重いし、腕も痛い…。運動不足ということもあるけれど、日頃使わない筋肉をたくさん使ったと実感。

* * *

昔取った杵柄のつもりが、こんなにも役に立たないとは…と前半では落胆。でも、正しいフォームをキープすると、狙ったところへちゃんと球が入るのが楽しく、最後まで夢中でレッスンを受けることができた。

気になる「卓球」のダイエット効果は?

肩幅より少し広めに脚を開いて、ひざは内側に向けるように意識。このとき前に出てしまいやすいお腹は引いて、やや前傾の姿勢に。

この姿勢で左右に動くことで「内転筋(ないてんきん)」を使うので、内もものシェイプアップに効果的だそう。ひざが外を向いてしまうと、外ももの筋肉に力が入るので注意。

また、ラケットを振るときは腕だけではなく、上半身を回すように動かす。こうすると、ラケットの角度を保ったまま、大きく振ることができる。そのうえ、ウエストをひねる動きがはいることから、くびれ作りにも◎。

ちなみに、会社員からトレーナーに転身したというスタッフは、最初の3か月で−5kg近くの減量に成功したのだとか。

「OL時代は遅い時間にはご飯を食べなかったし、トレーナーになってからはご飯を食べる量も増えていたのに」というから、卓球の運動量は侮ることができない。

ハードなスポーツやジム通いが続かないという人は、まずは遊び感覚で始めてみてもいいかも。「定額制グループレッスン」(60分2970円)や台貸し(30分1080円)もあるので、友達を誘って訪れてみては?

写真/千葉裕子

【データ】
「TACTIVE(タクティブ)渋谷店」
住所  :東京都渋谷区神南1-12-16 B1
営業時間:10:00~21:00
料金  :[プライベートレッスン]60分5940円、[定額制グループレッスン]60分2970円、[トレーニングパートナー]30分2160円、[台貸し]30分1080円
アクセス:JR線ほか「渋谷駅」より徒歩6分
電話  :03-6452-5742
http://www.tactive.co.jp/

【関連する記事をチェック!】
HIITで効率よく全身引き締め!米国発の「オレンジセオリーフィットネス」を【体験レポ】
【体験レポ】随一の消費カロリー!「ボルダリング」で全身引き締め
ダイエットに意外と◎!複合卓球スペース「T4 TOKYO」が渋谷に誕生
2018年 あなたが目指すべき“美ボディ芸能人”は?【心理テスト】で診断
高タンパク・低脂肪!「今年の一皿」に輝いた鶏むね肉の簡単レシピ

関連記事