1年で15kg痩せた女性医師がオススメ!1日5食ダイエット法

日比野佐和子さんは47才とは思えない若々しさが話題のアンチエイジング専門医。しかし、5年前までは体重が71kgあったという。

「仕事が忙しく、食事は1日1回。菓子やジャンクフードばかり食べていました」(日比野さん、「」内以下同)

47才の現在は、体重52kgをキープ

39種のダイエットを試した医師の結論は…

そして、39種のダイエットに挑戦しては失敗を繰り返す日々。しかし現在は、52kg。わずか1年で15kgのダイエットに成功し、その後リバウンドなしだという。

体重が68kgあった30代の時の日比野さん

「話題のダイエットはほとんど試しましたが、最終的に効果があったのは、医学的観点を加えて行った、1日5食の“日比野式ダイエット”。激しい運動なし、がまんなしでやせられますよ!」

日比野さんが実践している「1日5食」のスケジュールとメニュー例をご紹介。間食を入れて、急激な血糖値の上昇を抑えるのが重要だ。

【7時 朝食】

グラノーラにサラダ、目玉焼き、豆乳スムージー。「大切なのは卵。たんぱく質が15時間後に睡眠ホルモンのメラトニンに変わり、質のいい睡眠を促すからです。1~2個食べましょう」。

【10時 間食】

写真/アフロ

1回目の間食はミックスナッツ。食べすぎは禁物で30~40gを目安に。また、食塩や油を使っていないものを選ぼう。「特にくるみはオメガ3脂肪酸を多く含み、低カロリーなのでおすすめです」。

【13時 昼食】

写真/アフロ

手作り具たくさんカレーと温泉卵。「市販のルーは脂肪分が多いので使わず、カレーパウダーで作れば、低カロリーになり、スパイスに含まれる成分の抗酸化作用も期待できます」。

【16時 間食】

整腸作用のあるヨーグルトドリンク。1回目の間食がヨーグルトドリンクなら、ナッツや玄米フレークを。糖質でも黒砂糖や玄米など、色の黒いものは、血糖値を上げにくい。

【19時 夕食】

トマトやレタスなどの野菜をたっぷりと。さらにゆでた鶏肉を加える。食後にホットヨーグルトを食べれば、翌朝の便通もスムーズに。「夜は炭水化物や糖質は控えましょう」。

 

※女性セブン2018年2月8日号

 

【関連する記事をチェック!】
マライア・キャリー、体重120kgの激太りから仰天の激ヤセ!その手段は?
糖質は摂りかた次第。ベストなダイエット食は「一汁三菜」
「プチ断食」と「運動」でお正月太り解消!7日間短期集中ダイエット
お菓子はダイエットの敵ではない?間食の「悪習慣」5つをチェック
我慢は間違いが新常識!最新栄養学が提唱する“太らないおやつ”のルール

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事