【スーパーフード】ビヨンセも3か月で26kg減!マジカルフード「キヌア」

マテ茶やアサイーなど南米産の“スーパーフード”ブームに続き、ブレークしたのが「キヌア」。

quinoa_aflo

米国の歌手・ビヨンセ(32才)が長女出産後、たった3か月で約26kgのダイエットに成功したのだが、最大の要因は、“穀物はキヌアのみ”に絞ったからだという。モデルのミランダ・カーもお気に入りの、このマジカルフードを大研究!

「キアヌ」の栄養素と健康・美容への効果は?

キヌア(Quinoa)とは、南米のアンデス地域で栽培されているアカザ科の一年草。花穂にできる直径2mmほどの小さな種子を収穫・脱穀して食用とする。現地では5000年ほど前から食されていたとされ、国連の国際キヌア年(2013年)をきっかけに世界的なブームに。

「キヌアは栄養価が高く、ボリビアでは妊婦さんに無料で配布され、学校給食にも採用されているんです」と、キヌアの普及・研究に携わり、現地の事情に詳しく、東京農業大学でスペイン語講師も務める日高憲三さん。

有機JAS認定 ハンズ オーガニックキヌア 500g

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

キヌアには、9種類の必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれ、牛乳に匹敵するほど良質なたんぱく価を誇る。また、女性に不足しがちな鉄分が精白米の約5倍、カルシウムは6倍、食物繊維にいたっては10倍と、たしかにスーパー級の健康食品なのだ。

さらに、体内で女性ホルモンと似た働きをするフィトエストロゲンも含まれているため、更年期症状の改善や、豊富なカルシウムとの相乗作用で、骨密度低下の抑制や美肌効果も期待できそうだ。

ミランダ・カーも愛用するキアヌ。食べ方のコツは?

1児の母とは思えないボディーと、透き通るような美肌を誇るスーパーモデルのミランダ・カーも、キヌアのヘビーユーザーのひとり。

「私はご飯に炊き込んで毎日食べているんですが、そのおかげか、体調がいいように思います」と言う日高さん自身、とても50才には見えない若々しさ。これもキヌアのアンチエイジング効果なのかもしれない。

ただし、キヌアを一度に大量に食べるなど、極端なダイエットはダメ。大切なのは「適量を毎日続けること」(日高さん)だ。それでは、キヌアをどう食べるとよいのか。

「キヌアは玄米のように浸水する手間はありません。洗ってゆでるだけで、いろいろな料理に使えます」とは、薬膳料理研究家の村岡奈弥さん。

スープやサラダに入れても、想像以上に味は淡泊で、えぐみやくせがまったくなく、口当たりは軽いのに、プチプチとした食感が快い。また、びっくりするほど腹もちもいい。これなら、毎日の食事にキヌアを取り入れるのは苦にならない。

目前に迫った肌見せの季節に備え、今からキヌアでビヨンセ流3か月ダイエットをはじめてみては?

※女性セブン2014年8月7日号

【関連する記事をチェック!】
レシピ3選も!スーパーフード「チアシード」をしっかり理解
ローラやミランダ・カーも実践!3種のスーパーミルク健康法
海外セレブも注目!アフリカ原産のスーパーフード「テフ」
Googleがベスト10を発表!アメリカで2016年に流行ったダイエットとエクササイズ
専門家が厳選!自宅で手軽に美痩せを実現できる「2016年ダイエット注目グッズ」6選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事