過去から読み解くトレンド予測も!「KANEBO」の2018年春コレを【新製品レポ】

2018年1月22日(月)、カネボウ化粧品が東京・渋谷で「KANEBO 2018春夏 新製品発表会」を開催。

同イベントでは、8品目23品種が並ぶメイクアップコレクションと、3品目のスキンケアアイテムがお目見え。メイクアップアーティストの久保雄司さんが新アイテムのデモンストレーションを行った。また、ここ数年のメイクの変遷から、2018年のトレンドも解説してくれた。

まずは、2月9日(金)に発売となるメイクアップコレクションをご紹介!

青い光がカギ!今っぽい肌に仕上げるファンデーション3種

写真奥左は、「カネボウ ラスターパウダーファンデーション(全6色)」各9g 9720円。写真手前と奥右は、「同 ラスターカラーファンデーション(全2色)」各9g 9720円

土台となる肌を作るのは、”青の美しさで肌を際立たせる”をテーマにした「カネボウ ラスターパウダーファンデーション(全6色)」(各9g 9720円)。

本来は黒、赤、黄色の顔料から作るファンデーションに群青色の顔料をプラス。さらに、オイルに濡れると透明感が増す「ポーセリンパウダー」と、光沢がある「グレーズペースト」を新配合することで、陶器のような透明感と明るさ、奥行きがあって艶やかな肌へと導いてくれる。

肌ニュアンスを簡単に変えることができる「同 ラスターカラーファンデーション(全2色)」(各9g 9720円)も同時発売。肌に華やかさを加えたいのならピンクを、透明感をまとわせたいのならグリーンを選んで。

毛穴や凹凸などをカバーする「同 リファイニングプライマー」(30ml 6480円)を併用すると、さらに肌がなめらかで色むらがない状態に。

パウダーにオイルをたっぷりイン。新感覚のアイシャドウ&チーク

「同 モノブラッシュ(全2色)」3456円、「同 モノアイシャドウ(全5色)」3456円

メイクアップアーティストの久保雄司さんもベタ誉めしていたのが、目元ににじむような上品なツヤを与える「同 モノアイシャドウ(全5色)」(3456円)。

パウダーに油剤をたっぷり加えたソフトエラスティック処方で、これひとつで、クリームシャドウにパウダーシャドウを重ねたような出来栄えを叶えてくれる。カラーバリエーションは、<01 ソフトピンク><02 ウォームブラウン><03スモーキーベージュ><04 シャインブルー><05シアーネイビー>の5色。

同じ質感のチーク「同 モノブラッシュ(全2色)」(3456円)もお見逃しなく。こちらは、肌なじみがいい<01 ピーチピンク>と、自然な紅潮感で頰を彩る<02 ガーネットレッド>の2色展開。

いずれも植物性オイル配合で保湿力も十分で、時間がたってもつけたての発色が続くのがうれしい。汗や水に強いウォータープルーフ仕様だから、スポーツ中の使用にも◎。極細ブラシの「同 ラスティンググロウライナー(全2色)」(3456円)も使いやすさ抜群でオススメ。

セクシーなふっくら唇を作る「モイスチャールージュ」

「同 モイスチャールージュ」3780円

春らしい上品メイクを完成させるのは、KANEBOが誇る赤の色相の中心の色、”5Rカラー”のパールを配合した「同 モイスチャールージュ」(3780円)の新色。濃密なテクスチャーがぴたっと密着し、肌の色まで輝かせてくれる。

ラインナップは、落ち着き感のある<07 クラシカルレッド>、鮮やか発色の<08 バーンレッド>、可憐な<09 スイートピンク>、気品に満ちた<10 エレガントローズ>の4つで、大人の女性にぴったり。

【続いて、新アイテムを使った最旬メイクを指南】

東京・渋谷で開かれた「KANEBO 2018春夏 新製品発表会」で、メイクアップアーティストの久保雄司さんがここ数年のメイクのトレンドを解説。

久保さんの経験と市場の人気アイテムから紐解いた、2015年からの2017年までのトレンドはこちら!

【2015年 クリームチークが大流行】
メイクの主役は濃い目のチーク。目元はナチュラルなベージュ系がIN。

【2016年 リキッドアイシャドーが増!】
カラーバランスが頰から目元に。同じブラウン系アイシャドウでも、ボルドーのニュアンスが入ったものがIN。マスカラとアイラインも使って、目元での遊び、主張ある赤リップでしめるメイクが主流に。

【2017年 ボリューム感が微チェンジ】
肌なじみがいい色で囲うアイメイクがトレンドに。リップは強さはそのままだけれど、茶系のニュアンスが加わった。チークはボリューム感がややアップし、より発色がいいカラーが人気に。

【2018年 透け感がある頰と唇に】
アイメイクは囲った形が引き続きINだけれど、より柔らかなニュアンスに。強めの眉で遊ぶと今っぽさがぐんと上がる。リップは明るめが主流だけれど、発色よりも透け感を重視。チークはさらに面積を広がる。コーラルピンクなど、肌なじみがいいカラーが◎。

【How To】2018年の最旬メイクを仕上げるコツは?

久保さんはさらに「KANEBO」の新作を使って、今季の最旬メイクをデモンストレーション。そのコツはというと…

□ ファンデは、ブラシで薄づき、が今っぽい
□ チークは、頰の横から中心へと伸ばすと、全方向インスタ映え!
□ アイシャドウは、手の甲で伸ばしてから使用を。目の中央にのせてから全体に伸ばすと、上品に仕上がる
□ アイメイクで主張するのなら、目尻にポイントカラーをON
□ 強めリップはやっぱり甲で伸ばしてから、唇へ。ただしラインで主張を加えても◎
 

仕上がりはこちら!

肌と唇の質を活かしたナチュラル感あるメイクが、久保さんが考える2018年っぽさ。特に目元は上品に仕上げるのがINだそう。

「2016年くらいから目元→唇→頰の順で仕上げるのがしっくりくるように。今季のメイクもその順で仕上げる点は変わらない気がしています」(久保さん)

【モデル使用アイテムは、こちら!】
□ 「カネボウ ラスターパウダーファンデーション」
□ 「同 ラスターカラーファンデーション<ピンク>」
□ 「同 モノアイシャドウ<02 ウォームブラウン>」
□ 「同 モノブラッシュ<01 ピーチピンク>」
□ 「同 モイスチャールージュ<08 バーンレッド>」

さらに”時間美容”の新アイテムもラインナップ!

1)「同 リフレッシング パウダー ウォッシュ(写真1)」0.4g×32個 3240円 2)「同 スムージング セラム(写真2)」100ml 6480円 3)「カネボウ リファイニング アイ セラム」15ml 7560円

女性の肌をひと月いつでもベストの状態を保つために、「KANEBO」では適切なタイミングで適切なケアをする”時間美容”をスキンケアの根幹に据えている。

今季、同ブランドはメイク好きでもおろそかにしがちなアイケアの徹底を提案する。同ブランドの調査によると、47%の人が「顔の中でいちばん気になる部分」に「目元」をあげているのに、51%の人が「ケアをしていない」と答えているのだとか。

その理由のひとつは、アイテムが少量かつ高価であること。「カネボウ リファイニング アイ セラム(写真3)」(15ml 7560円)はのびのよいテクスチャーにこだわることでそんな不満を解決。ブランドが基調とする香り、ティートピアが漂うクリームは、効果はもとより、心地よさも◎。

このほか、1回分をカプセルに詰めた酵素洗顔パウダー「同 リフレッシング パウダー ウォッシュ(写真1)」(0.4g×32個 3240円)と、古い角質を取り除く拭きとり美容液「同 スムージング セラム(写真2)」(100ml 6480円)が登場する。

計3点のスキンケアアイテムは、2018年3月9日(金)からの販売。紫外線が強くなるこれからの季節、美肌を維持したい人は注目を。

【データ】
カネボウインターナショナルDiv
電話:0120-518-520(カネボウ化粧品)
https://www.kanebo-global.com/

【関連する記事をチェック!】
マカロンカラーが旬!目元を春に彩る【2018春コレ】アイコスメ5選
エイジングラインが登場!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
ハウツー動画付き!マカロンカラーが並ぶ「ルナソル」の2018年春コレを【新製品レポ】
【山本浩未さんのメイクのメ】大人のお手入れのシメはクリームです!
上質の睡眠を生む【お風呂美容】リラックス効果抜群の「快眠コスメ」7選

関連記事