噂の「ハイパーナイフ」の効果は?週1ペースの頻度でセルライト撃退!【体験レポ】

ストレスが溜まってついつい食べてしてしまう、運動をする時間がない。そんな女子にとって、痩身の救世主と言えるのがエステ。

運動不足で、間食がやめられない記者Eが話題の痩身マシン「ハイパーナイフ」を1週間に1回のペースで続けた。その結果はいかに

ハイパーナイフの施術を脚に受けている

武蔵小山駅から徒歩5分の場所にあるエステサロン「ノイル(noir)」では、アロマオイルを使ったハンドマッサージや、ラジオ波などの痩身を目的とした施術を行っているが、メニューの中でもイチオシなのがハイパーナイフだという。「ノイル」の店長・浅井久美さんにハイパーナイフの仕組みについて聞いた。

ハイパーナイフのマシン

肩こりやむくみにも効果的!痩せる?

「温める」と「ほぐす」ことで、凝り固まった脂肪やセルライトを柔らかくし、老廃物を排出する痩身マシンがハイパーナイフ。同じく体を温めるラジオ波よりも、倍の速さで脂肪をほぐすことができるという。

ハイパーナイフは痩身の他にも、肩こり、腰痛、便秘、むくみなどにも効果的だというが、なぜ温めて、ほぐすことが痩身に繋がるのだろう?

リンパ&血液の流れが良い状態を説明するイラスト

尿や便、汗などから排出されるはずの老廃物が体の中に溜まると、脂肪細胞の間を通る毛細血管やリンパ腋がうまく流れず、むくんでしまい、セルライトへと変化するという。

「ハイパーナイフで脂肪細胞にくっついている老廃物やセルライトをほぐし温めて乳化させることによって排泄しやすくなるんです。老廃物がなくなれば、血液やリンパの流れが良くなり、痩せやすい体になるんですよ」(浅井さん)

エステでいよいよハイパーナイフにトライ!痛いのか!?

昔から太ももがコンプレックスで、ジーンズやパンツは絶対にはかず、太もも部分を隠すためにスカートしかはいてこなかった記者E

「今世はもうあきらめて、来世こそ太ももに脂肪をつけないって決めてます」と弱音を吐く私に「あきらめないでください! 部分痩せは可能ですよ」と浅井さん。その力強い言葉を信じ、ハイパーナイフの下半身集中コースを試すことにした。

過去に人の手で脂肪をほぐすオイルマッサージを試したことはあるが、すごく痛かった思い出が。しかし、実際にハイパーナイフを体験すると、痛みもなくじんわりと温かくて気持ちよく、眠ってしまいそうに。しかし、ウトウトしていると「あ、太ももが痛い!」。太ももの内側と足の付け根の外側が少し痛かったのだ。

「痛いところは、老廃物が溜まってセルライトが固まっているところなんです」(浅井さん)

やっぱり太ももには、老廃物がたっぷりたまっていたのか。でも、ハイパーナイフでセルライトをほぐしていけば、ハンドマッサージも痛くなくなるんじゃない?

ハイパーナイフの施術を受けている様子

ハイパーナイフ(写真左)でほぐした後は、ハンドマッサージでリンパを流していく(写真右)。その際、力の加減は調節してもらえるが、リンパを流す際に痛みを我慢して強めのマッサージを受けると、表面ではなく奥に溜まった老廃物がしっかりと流れるというので、私はあえて「痛くしてください」というドMな発言をしてみた。

そしてハイパーナイフの施術前、施術後でメジャーで計測した太ももの太さを比べてみると

ふくらはぎは40.2cmから39.6cm、太ももは54.6cmから54cmに細くなってるではないの!

太もものサイズのビフォーアフター

わずか1回の施術で違いが分かる即効性も、ハイパーナイフの魅力の一つなんだそう。こんな簡単に脚痩せができるんだったら、頑張ってダイエットに励まなくても楽勝じゃん!?

太もものサイズのビフォーアフター

脚は細くなった!…しかしこれで終わりではない

体験レポは、実はこれで終わりではない。私がこの後も、週に1回のペースで通い続けたのには理由がある。ハイパーナイフに限らず、痩身施術のマシンを受けるとエステティシャンに必ずといって言われるのが──「最初は日を空けずに、コンスタントに来てください。できれば週に2回が理想です」。

過去にも同じことを言われ、それで通わなくなってしまったことが何度かある。だって「通え」ってストレートに言われると、「ムムッ!? やっぱり利益優先なのか??」と思っちゃうから。

「月1回くらいのペースで、ゆっくりと通いたいのに!」という私の気持ちに対して、今回は浅井さんが頻繁に通うべき理由を説明してくれた。

「ハイパーナイフの施術の後、むくみなどが流れ即効性はあるのですが、1回の施術ではセルライトは、ほぐしきれていないんです」

10日以上空いてしまうと、せっかく柔らかくなった脂肪が元の硬さに戻ってしまうので、痩身を目的とするのであれば、最低でも週に1回は施術を受けたほうがベターなのだという。

23か月ほど施術を受け続け、ある程度、脂肪がほぐれて老廃物が流れたら、月に1回のメンテナンスに切り替えていいという。だったら毎日通って、一気にセルライトをほぐせばいいんじゃない?

「オーバートリートメントといって、施術を受けすぎると効果が薄くなります。機械に頼りすぎてしまうと、自分の力で老廃物を排除することが難しくなってしまうのです」

ハイパーナイフを受けた直後、0.5cmほど脚痩せする即効性は確かにあった。しかし、1週間後に測りなおしてみると、数字は施術前のビフォーの数字と同じだった(汗)。楽勝なんてやっぱり甘かった

効果持続のためには?回数は1週間に1回、通い続けた結果…

4回目の施術の際に浅井さんが「太ももの冷えが改善されましたね」と興奮気味に言った。確かに、いつもシャワーを浴びる時に自分の太ももを冷たいなあと感じていたのだが、それは単なる冷え性ではなく、セルライトが原因だという。

5回目の施術の時には表面の脂肪がほぐれて、マッサージの時にグッと奥まで指が入るように。

6回目の施術が終わった後、自分でも肉質の変化に気づき、写真を撮って、ハイパーナイフを2回目に受けた後の太ももと比べてみると

ハイパーナイフ施術後の太ももの様子

ボコボコが消えてる!

言っとくけど、食事制限なんてしてないし、間食にはポップコーンばかり食べてたのに! すげーー!!

この結果に浅井さんも大喜び。

「『明日、結婚式なんです』という飛び込みのお客様もいるのですが、お顔の赤みが引かないかもしれないなどのリスクもあるので、ハイパーナイフはお断りしています。結婚式や大事な日のためにエステでケアをされる方は、理想は3か月前、最低でも1か月前から、週に2回は通っていただきたいのです」

確かに1回の施術でも、むくみを取り、すっきりさせる即効性はあるけども、キチンとセルライトをなくしたいのであれば、やっぱり日を空けず通い続けないといけないんだなあ。実際に経験してみて納得しました。で

気になるセルライトはどうなった?

「セルライトも消えたっぽいんで、もうそろそろ月1回のペースにしようかな?」

「まだセルライトは残っているので、通ってくださいね(笑顔)」(浅井さん)

「は、はい(汗)」

確かに太もも裏のボコボコは取れたが、まだまだ太もものセルライトは残っていて、椅子に座ると立っていた時には見えなかったセルライトが現れる。それで、引き続きハイパーナイフに通い続け、10回目の施術を終えた後、座った時の太ももの写真を撮影して、6回目の時と比べてみると

ハイパーナイフ施術後の太ももの様子

またまた、ボコボコが消えてる! やればやるほど、確実にセルライトが除去されているみたい!

大事な結婚式や、友達、彼氏の前で水着になる予定があるリア充いや、方は数か月前から準備をしてみてはいかがだろうか。もちろん、私のようにコンプレックスを抱えている人もアリだ。

好きなものを食べることを我慢できず、根っからの運動嫌いな私にハイパーナイフは合っていた。私自身の変化としては、今まで避けていたパンツを買うようになり、自信がついて脚も出すようになった。そして、下半身のコンプレックスは以前よりも解消されたが、その反面、今度は上半身のほうが気になりだした

「あの今度は二の腕の施術をお願いします。あと、お腹も! いや、待ってください、背中の肉も取りたいです!」

私のハイパーナイフ通いは、まだまだ終わらなさそう(汗)。

【データ】
noir(ノイル)
住所  :東京都品川区荏原3-8-21平林ビル2F
電話  :03-3784-9350
営業時間:11002000(最終受付1900
定休日:不定休
ホームページ:http://www.noir-esthe.net/index.html
ホットペッパービューティー:https://beauty.hotpepper.jp

【関連する記事をチェック!】
【オバ記者連載43】エステ施術後、体が軽くなった!1か月で2.6kg減を達成
【オバ記者連載42】バリ島発、筋肉の深部のコリをほぐすエステ体験記
1食あたり糖質40g以下!ロカボ対応の「糖質想いの 押し麦がゆ」を【実食レポ】
糖質1日54g減! 糖質制限ダイエット中でもおいしく食べられるブレンド米
低糖質スイーツにスーパーフードをプラス!「パティスリー ポタジエ」の野菜ケーキを【実食レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ゆうこ より:

    試してみたい。
    貯金しようっと。

    1+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事