旬野菜で正月太り解消!美肌作りや風邪予防にも役立つ【ダイエットレシピ】4選

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。

写真/アフロ

写真/アフロ

そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」の冬野菜レシピをピックアップしてご紹介。菜の花とブロッコリーは「ビタミンC」が豊富で、美肌作りにも◎。

苦味成分が脂肪の燃焼を助ける【菜の花】

12月から3月に旬を迎える「菜の花」。独特のほろ苦さと香り、彩りにひと足早い春の訪れを味わうことができる。

□ 脂肪の燃焼を促す苦味成分「ケンフェロール」
□ 糖質の燃焼に効果が期待できる「ビタミンB1」
□ デトックスやむくみ改善に◎の「水溶性食物繊維」

むくみ改善に◎な「菜の花のペペロンチーノ」

ABCHealthLabo_Nabana005

にんにくには「ビタミンB1」の吸収を高める「硫化アリル」が。菜の花と合わせて摂ることで、基礎代謝アップや疲労回復への効果が期待できる。

材料(2人分)

菜の花…80g にんにく…1片(約8g) 輪切り赤トウガラシ…10個 オリーブオイル…小さじ2 塩、コショウ…少々

下準備

・菜の花は根元のかたい部分を除き長さを半分に切る
・にんにくは、芯を除き、薄切りにする

作り方

【1】フライパンに、オリーブオイル、にんにく、赤トウガラシを入れ、弱火にかける
【2】香りが出てきたら、にんにく、赤トウガラシをとり出し、菜の花を加える。菜の花が少ししんなりするまで、炒め合わせる

疲労回復にも役立つ「菜の花とはまぐりのパスタ」

ABCHealthLabo_Nabana006

はまぐりにも「ビタミンB1」が含まれるのでダブルの効果に。また、筋肉強化に役立つの「グリシン」や、疲労回復を助ける「アスパラギン酸」などを含むので、スポーツ女子の食事にもオススメ。

材料(2人分)

スパゲティ(細めの物)…160g 菜の花…1/2束(50g) はまぐり…小10個 バター…10g 酒…大さじ2 水…500cc 和風だしの素…少々 塩…少々 醤油…少々

下準備

・菜の花は、根元の固いところを除いて、長さを半分に切る
・はまぐりは、30分から1時間ほど塩水に漬けて砂抜きし、流水で殻をこすってよく洗う

作り方

【1】フライパンにバターを熱してはまぐりを軽く炒めたら、酒を加える。ふたをしてはまぐりの口が開くまで蒸す
【2】一度はまぐりを鍋から取り出し、水、和風だしの素を加えて沸騰させる。アクは除く
【3】スパゲティを入れ、袋の指示に従って茹でる。茹で上がる頃に菜の花を加えて、軽く火を通す
【4】はまぐりを鍋に戻し、塩と醤油で味を調え、器に盛り付ける

→さらに菜の花のレシピ【チェック!】

【続いて、ブロッコリーのレシピをご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...