【ライザップ体験:運動編】正しい姿勢がくびれ作りのカギ!骨盤の歪みを正して痩せる!

いくら運動をしても、体重と下腹ぽっこりがそのままで、くびれができない!

RIZAP_result_Iwagaki02

そんな悩みを抱えるアラフォー編集・Iが、2週間、本気で「ライザップ(RIZAP)」に挑戦。その結果、体重は2.15kg減、体脂肪率は2.8%減を実現し、ウエストは−4.2cm、ヒップは−4.4cm、太ももは−2cm、と気になる部分がだいぶ引き締まった。

RIZAP_result_Iwagaki

今回は、ライザップでのトレーニングについて、ご報告します。

歩くだけでもトレーニングに!ボディメイクの基本は”正しい姿勢”

以前から続けていた週1回のホットヨガに加え、ボクササイズフィットネススタジオ「b-monster(ビーモンスター)」に週2回通うようになってから、58kgまで減ったけれど、そこで打ち止めに。また、見た目上は引き締まってきたけれど、下腹のぽっこりだけはなかなか解消できず…。

RIZAP_studio_1000

トレーニングを担当してくれた「ライザップ」のパーソナルトレーナーの伊藤佑さんによると、「日頃の運動習慣もあって、筋肉量はいい水準です。それでも下腹や下半身の脂肪が付いているのは、姿勢に問題があるから。特に骨盤の位置にズレとゆがみがあるので、筋肉のバランスを崩しやすいんです」とか。

子供の頃はバレエを習っていたので、姿勢には自信があった私。でも、実際には骨盤が後傾気味になっているのだそう。

RIZAP_studio_1018

そこでトレーニングは、”正しい姿勢”を学ぶことからスタート。私の骨格を正すために、伊藤さんが教えてくれたのは以下。

【正しい姿勢の基本】
 背中は、少し反る程度に。反り過ぎないように注意!
 胸の位置は、”通常より1cm上”を意識
 お腹を引き上げて、腹式呼吸
 重心は体の中心に

しかも、この姿勢を保ったままで歩けば、普段のウォーキングがトレーニングに早変わり!

【痩せるウォーキングのコツ】
 重心は、かかと→足裏の中心→つま先の順で移動する
 脚は、股関節の付け根から出す
 内もも、膝の上のお肉、お尻の裏側を使うように意識する
□ 歩くときは脚の内側を使い、足の指で地面をつかむように

正しくできていれば、自然と推進力が働くので、弾むような感じの足取りに。また、トレーニング時にも、正しい姿勢と腹式呼吸を行うと、普段よりも効果がアップするそう。

「日本人の多くが、歩くときにかかとの外側に重心をかけています。でも、そうすると、スクワットなどの脚痩せエクサをしても、効果を得ることができないんです」(伊藤さん。以下、「」同)

【続いて、トレーニング体験をレポート!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事