【オバ記者連載74】体力の衰えを痛感し、スクワットをやることを決意

当サイトがおくる好評連載『還暦・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか?

obakisya74_5 -

今回は、ホテルの清掃員のパートで体力の衰えを痛感したオバが始めたスクワットについて。

* * *

ホテルで客室清掃のパートを始めてから、イヤというほど思い知ったのが足腰の弱さ。客室清掃の仕事中、立ち上がろうとするときは、ベッドやテーブルに手をついて「どっこいしょ」。ユニットバスの湯船をスポンジで洗った後は、いったん片手で湯船のふちをつかんでから、もう片方の手で手すりを握って、「よっこらしょ」と2段階に分けて立ち上がるんだもの。数年前まで膝の屈伸だけで立ち上がれたのになあ~。

10代からずっと、「早口」と「歩くの、早いね」と言われ続け、年下の、ものすごく足の速い男子以外、歩き負けしたことがなかった私が、10才年上の友人に負けたのは8年前のこと。一歩前に足を出すたび太ももの奥がキリッキリッと痛んで、とうとうその痛みに耐えられなくなって立ち止まってしまった。

そのころは夜もよく眠れなくて、トイレに8回、9回立っていた。血圧を測ったら、上160、下100という数字で驚いたのもこの時期。

慌てて病院に行ったら、「まあ、加齢ですかね」という見立て。それでさまざまなマッサージに通い、スポーツジムで整体やら、ヨガをしていたら、いつの間にか足の痛みは引いたけど、前のように「歩くの、早いね」と言われることはなくなったの。

運動不足が原因でさまざまな体の不調が

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...