【お悩み解決エクサ】ウエストのくびれを作る「スパイナルローテーション」

骨盤美容家であり、女性の一番キレイを引き出すエクササイズが評判のピラティストレーナーのTOMOKOさん。

TOMOKO_スパイナル1

今回はウエストの筋肉「腹斜筋」を刺激して、ウエストのくびれを作るエクササイズをご紹介。

* * *

Q:気をつけていてもなかなか痩せない…。でも、くびれがほしい!

忘年会や新年会があるこのシーズンは、どうしても太りがち。飲み会以外のときは、食事制限をしたり、なるべく歩くようにしたりとダイエットを心がけています。でも…、飲み会続きなので当然といえば当然なのですが、全く痩せません。そこでせめて、ウエストだけでも細くしたいんですが、そんなエクササイズがあれば教えてください!

T.Kさん(29歳)

A:くびれを作れば痩せ見えできますよ!

ダイエットをしてもなかなか効果があがらないことはよくあります。冬なので代謝が下がりがちだったり、Tさんのように暴飲暴食を繰り返して脂肪を蓄積してしまったり、原因はさまざま。そんなときは単に体重減らすことを考えるのではなく、締めるところを締めてメリハリを出し痩せて見せることもひとつの手段です。

そこで手っ取り早いのが、ウエストのくびれを作ること。つまり「ウエスト周りは脂肪がつきやすい=脂肪を減らしやすい」ということでもあるんです。ウエストがくびれているとメリハリ効果で、それだけで痩せて見えるというメリットも!

今回はウエストのくびれに重要な「腹斜筋」を鍛えるエクササイズ、「スパイナルローテーション」をご紹介します。

両肩をしっかりと床につけ、膝を90度にしてウエストを絞るようにゆっくりと下半身を倒していきます。そうすることで、腹斜筋に負荷をかけながらウエストのくびれを作っていきます。両脚の内側をくっつけて膝を90度に保つのは見た目以上に大変です。このポジションをしっかりキープできると、太ももの内側の筋肉「内転筋」も鍛えられるので、続けることで下半身痩せも叶います。

まずは動画で全体の流れを見てみましょう。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事