究極のメリハリボディ!道端アンジェリカさんの【美痩せ習慣】

インストラクターやダンサー、モデルなどのプロフェッショナルにとって、健康で美しい体を保つのも仕事のうち。

FIX_1216ginza-106

今回は、先日結婚を発表したばかりの道端アンジェリカさん(32歳)に直撃インタビュー。セクシーで、柔らかみのある完璧なスタイルのアンジェリカさんに、体型維持の秘訣や注目のアイテムについて聞いた。

FOOD/動物性のものよりも、植物性のものをチョイス!

もともと植物性の味や自然の甘みが好き。野菜もたくさん食べるし、間食にはハイカカオのチョコレートや体にいいナッツをチョイス。

それに、牛乳よりも豆乳派。意識はしていないけれど、イソフラボンは多めに摂っているかもしれないですね。

生まれ育った土地のものを食べて暮らすのが健康にいいと聞いて、最近は日本でとれるスーパーフードをチェックしています。今注目しているのは、ケールよりも栄養価が高い「明日葉」や、「バガス」という発酵サトウキビファイバー。食物繊維がとても豊富でヘルシーな、国産のスーパーフードなんですよ。

WORKOUT/パーツを意識してトレーニング

母親ゆずりの大きな胸はうらやましいと言われることも多いけれど、垂れ下がらないための努力は欠かせません。

トレーニングするときには、ダンベルなどを使って胸周りの筋肉を鍛えています。あとは、年齢が出やすい背中と、キュッと上がった美しいお尻になるように下半身のトレーニングも重点的に。

太ったか痩せたかよりも、きれいなボディラインを目指して、パーツを意識したトレーニングをしていますね。

BEAUTY/内臓を温めると、すべての調子がよくなる!

仕事のときは薄着や露出した衣装が多いので、足元を冷やさないように気をつけています。

そして、家ではとにかく温活! お風呂は必ず湯船につかって、部屋着は「ユニクロ」のヒートテックレギンスに「kashwere(カシウエア)」のモコモコとしたルームウェアを。

寝るときには腹巻きも忘れずに。内臓が冷えて動きが悪くなると、むくんだり、便秘になりやすいので。内臓を温めると血液の循環がよくなって、むくみも解消されるそうですよ。温めることで消化も促進されるというから、食べ過ぎた日にはしっかり内臓を温めるように心がけています。

今回のスリム美人:道端アンジェリカさん(32歳)

rere_1216ginza-107 2

モデル。身長174cm、スリーサイズはB86、W60、H88。1985年12月5日生まれの32歳で、姉のカレンとジェシカ、そして自身からなる「道端三姉妹」の三女。ファッション誌での活躍のほか、広告やファッションショーにも多数出演している。2017年にはジュエリーデザイナーとして世界デビューも果たす

写真/結城さやか

【関連する記事をチェック!】
鍛えたいのは、腹筋!”可愛過ぎるビールの売り子”、ほのかさんの【美痩せ習慣】
NYで流行のヘルシーフードは?【美痩せ習慣】人気インストラクターが運動を続けるコツも伝授!
産後も変わらず、ほっそりボディ!榮倉奈々さんの【美痩せ習慣】
注目の最新スーパーフード!アマゾン原産の「サチャインチナッツ」を【実食レポ】
【便秘改善レシピ】キムチで代謝もアップ!「豆乳ごま純豆腐チゲ」

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...