【オバ記者連載72】ウィキに自分のページを発見し、ダイエット熱にますます火が付く

obakisya72_3

ページを見てみると2017年9月に作られたみたいだけど、それにしても、人知れず世に出て消えた私の“著書”を、誰が調べてウィキにあげたかは、いまだ謎。知り合いのネットニュース編集者の名前も浮かんだけど、彼はそんなことをするほど暇じゃないし…。8行の自分の経歴から、しばらく目が離せなかったわよ。

茨城の筑波山のふもとから上京して42年。クラクラするほどの歳月が流れ、体重はそのときから20kg増。この変化を納得していたつもりでいたけど、こうして他人が書いてくれた経歴を見ると感慨ひとしおでね。「な~にやってきたんだか」と考えちゃってね。

仕事、人間関係、お金。「~していれば」と「~していたら」は、言い出したらきりがない。ダイエットだってそう。手あたり次第手を染めて、そのたびに少しの効果を上げるけど、そうすると気がゆるんで、「ちょっとだけ」と、ご飯を山盛りにし、甘いものを口の中に放り込んで、あっという間に元の木阿弥+1~2kg。

「でも、あれは大成功だったじゃない。ほんと、見違えたもの」

ダイエットの話をすると、友達のK子はいつも同じ話をするんだわ。8か月で12kgの減量に成功して、その後、1年は「誰かと思った!」と久しぶりに会った人がビックリ。ここまでいったのは、後にも先にも、あのときだけだ。

年末年始のダイエットを決意!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事