MCTオイルやギーなど【痩せる食べ方Q&A】ダイエットに役立つオイルはどれ?

ダイエット中の悩める女子・ユキさんの疑問に、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」の栄養士、アヤネさんが回答! 今回の疑問は、こちら。

ABC_FoodQA11_Oil_S01

Q ダイエットに効果が期待できる”油”はどれ?

ココナッツオイルやMCTオイル、ギーなど、「ダイエットにいい」といわれるオイル、いろいろあってなにがなにやら。どれをどんな風に取り入れたらいいのか、オススメと使い方を教えて!

ABC_FoodA_ABC_FoodQA11_Oil

A ココナッツオイルとMCTオイル、ギー、サバ缶などが◎

油は大きく分けると、「飽和脂肪酸」と、「不飽和脂肪酸」の2種類に。「不飽和脂肪酸」は常温で液体で、その構造によって「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」に分けられます。

一方、「飽和脂肪酸」は常温では固体の状態。脂肪酸の長さで分けると、「短鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」の3種類があります。

これらの中でも「オメガ3」系の脂肪酸は「αリノレン酸」、「オメガ6」系は「リノール酸」と体内で生成できない「必須脂肪酸」を含むので、長く摂取を推奨されてきました。

写真/アフロ

写真/アフロ

ただし、普段の食事で十分に栄養を摂取できるようになった最近では、「オメガ6」系の脂肪酸は摂り過ぎるとガンや肥満などの原因になる、とも考えられています。摂取量には注意しましょう。

一方、「オメガ3」系の脂肪酸には、血液をサラサラにしたり、内臓脂肪を減らしたり、という効果があるといわれていて、ダイエットに◎。代表的な食材は、アマニ油やエゴマ油、サバなどの青魚、アボカド、くるみやサンチャインナッツなど。

「オメガ3」系の脂肪酸は、加熱と酸化に弱いので、生のまま摂取が基本。アマニ油、エゴマ油はサラダやお味噌などに垂らしましょう。油を余すことなく簡単に摂ることができるので、サバの水煮缶もオススメです。

【さらに、ダイエット中に推奨の油をご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事