【オバ記者連載71】「洋裁する人に太っている人いない」説を語る

当サイトがおくる好評連載『還暦・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか?

obakisya71_3

今回はダイエットに有効だというある趣味について。

* * *

忘年会シーズンに加えて、ここのところ、仕事仲間や友達から「ご飯行こうよ」のお誘いが週に何度も。夕方5時過ぎの「ご飯」が、“鯖のみそ煮定食”だの“牛丼”なわけがないのは呑み助の常識で、もし、お店で座るなり「××定食」なんて注文をしようものなら、100%「何かあったの?」と心配されるね。

さらに最近は、ランチも危ないの。相手は洋裁仲間のK子さん。お互いに身に着けてきた手製のスカートやバッグ、小物をさかなに、昼間の築地場外の食堂で、「ビール!」だって。昼酒は一度やると常習化しやすくて、次はどちらからともなく、「飲むでしょ?」「うん」で決まり。

obakisya71_1

飲むと言ってもふたりでビールの大びんを1本くらいだから、酔うほどではないんだけどね。気が大きくなるのは確か。普段なら食べ残すご飯を完食して、下手したら定食以外にもう一品頼んだりして。

洋裁から離れると太り始めて…

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事