食べ過ぎをリセット!【痩せレシピ】免疫力アップに役立つ「うなぎの混ぜごはん」

食べ過ぎになりやすい年末。そこで、食べ過ぎ解消を助けてくれるレシピを、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に教えてもらった。

ABC_FoodQA10_TaishaUp_receipe001

「脂質」の代謝に役立つ「ビタミンB2」と、「たんぱく質」のエネルギー変換を促す「ビタミンB6」を含むうなぎは、ダイエットにうれしい食材。さらに、玄米には「糖質」の代謝に含まれる「ビタミンB1」が含まれているので、効率よく三大栄養素の代謝を促すことができる。

また、うなぎには免疫力アップに効果が期待できる「ビタミンA」も豊富なので、風邪予防にもぴったり。

カロリー…268kcal(1人分) 調理時間…40分

材料(2人分)

うなぎ(蒲焼き)…80g にんじん…25g 枝豆…80g 油揚げ…1/2枚 白ねぎ…15g 青じそ(せん切り)…6枚 塩…少々
【A】米…70cc 発芽玄米…70cc 水…140cc
【B】市販のうなぎのたれ…5cc 醤油…小さじ1 塩…少々

下準備

・米と発芽玄米は洗米して、30分ほど吸水させ、水気を切っておく
・油揚げは、熱湯をまわしかけ、油抜きをする。縦半分に切り、幅5mmに切っておく
・うなぎは、幅2cmの短冊切りにし、耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけ、電子レンジ(500W)で1分ほど加熱しておく
・にんじんは、皮をむき、せん切りにし、耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけ、電子レンジ(500W)で50秒ほど加熱しておく
・枝豆は、塩でこすり洗いし、耐熱性容器に入れてラップをふんわりとかけ、電子レンジ(500W)で2分30秒ほど加熱する。粗熱がとれたら、さやから取り出しておく
・白ねぎはせん切りにし、水にさらし水気を切っておく

作り方

【1】鍋に【A】、【B】、油揚げを入れて、沸騰後、フタをして弱火で10分ほど炊く
【2】火を止め、うなぎ、にんじん、枝豆、白ねぎ、青じそ(4枚)を加えて、10分ほど蒸らす
【3】ごはんを切り混ぜて、器に盛り付けて、青じそ(2枚)を飾る

【関連する記事をチェック!】
【夏野菜】代謝アップや紫外線対策に◎「ピーマン」の痩せレシピ6選
【まいたけダイエット】で痩せ体質に!簡単でおいしい「ちょい足しレシピ」4選
食べて痩せる!伊藤かずえの【やせおか】作り置きレシピ3選
毎朝5分でお腹を引き締め!くびれ作りに役立つ【朝活ヨガ】3選
楽しくお腹痩せ!今、人気の”ぶら下がりヨガ”を【体験レポ】

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事