低糖質スイーツにスーパーフードをプラス!「パティスリー ポタジエ」の野菜ケーキを【実食レポ】

ダイエットの敵はやっぱりスイーツ…という女子注目のパティスリーに、新メニューが登場。

potagie_9Z0A0197

2006年に東京・中目黒でオープンして以来、野菜を使ったさまざまなスイーツを販売してきた「パティスリー ポタジエ」。同店は糖質制限への意識の高まりをうけ、2016年からローカーボ&ベジスイーツ専門店としてリニューアルした。

「1日10gの糖質をスイーツで摂りましょうという、食楽健康協会が推奨する低糖質の基準を採用し、糖質量は1カット10g以下で設計しています」と、「パティスリー ポタジエ」パティシエの後藤さん。

potagie_9Z0A0211

値札でケーキの糖質量をチェックできるのはもちろん、ケーキピックの数字は5g以下、10g以下と糖質量を示しているので、ひと目で大まかな糖質量を知ることができるのもうれしい。

そして、2017年11月には、スーパーフードとして注目を集める「モリンガ」を取り入れたケーキが登場した。こちらは糖質をカットするだけでなく、栄養をプラス。より健康的なスイーツとして楽しめるのだとか。

そこで、この気になる「モリンガ」スイーツを実食! さらに、定番のケーキもピックアップしてご紹介する。

potagie_9Z0A0234

「モリンガ」は、タンパク質やカルシウム、鉄、ビタミンB6などを、ケールの2倍含むほか、食物繊維やカリウム、ポリフェノールなども摂ることができる栄養バランスに優れた野菜なのだそう。

写真奥の「かぼちゃとモリンガのシフォンケーキ」(500円、糖質量9.5g)は、大豆粉を使うことで糖質をオフした、食べ応えのあるシフォンケーキとモリンガ入りの生クリームを合わせたもの。かぼちゃのやさしい甘みにモリンガの抹茶のような風味が加わり、和のテイストに仕上がっている。

写真手前は「小松菜とモリンガのチーズケーキ」(490円、糖質量4.6g)。チーズケーキが濃厚で、さっぱりとしたモリンガクリームと一緒に食べるとベストなバランス。小松菜をしっかりと感じる塩みのあるケーキだから、グリーンスムージーが好きな人はハマる味かも。

「モリンガに馴染みがない人も多いので、手に取っていただきやすいように人気のケーキと組み合わせました」(後藤さん)。

さらに、後藤さんにダイエット中でもオススメのケーキを教えてもらった。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事