ジムトレーナー角田聖奈さん伝授!暴飲暴食しても太らない「美尻」トレーニング

レッグプレスで200kgを超えるウエイトを両足で軽々と持ち上げる。東京・六本木のど真ん中にあるトレーニングジムで黙々と下半身を鍛える美女がいる。エキゾチックな美貌に加えて、鍛え上げたヒップラインは美しい曲線を描く。

1745_tsunoda_seina_800px

話題の美人トレーナーが“食べても太らない体”の作り方を伝授!

彼女はトレーニングジム『Orange Gym Rats by 4GS』などで活躍する、パーソナルトレーナー・角田聖奈さん。ミス・ワールド・ジャパンのファイナリストでもある彼女は『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)などに出演し、どんなに食べても太らない“暴飲暴食トレーナー”として注目を集めている。

普段からハンバーガーや焼肉、ラーメンなどハイカロリーな食事を摂ることが多いという角田さん。それでも太らない理由を彼女が解説してくれた。

「お尻を徹底的に鍛えているからです。体の約7割の筋肉は下半身に集まっています。とくにお尻や太ももの裏には大きい筋肉が多く、ここを鍛えれば鍛えるほど、代謝が上がり、食べた物を燃焼して、“なかったことに”してくれるんです」

あの“美尻”に、スタイルアップ以外にも、そんな効果があったなんて! 今回、角田さんに、本誌読者のために、自宅でも手軽に鍛えられる「下半身トレーニング」を考案してもらった。

「紹介する5つのトレーニングは、どれもお尻と太ももの裏を中心に鍛えるものです。たった15分でできてしまいます。これを続けていくうちに、自然と腹筋も鍛えられて、ウエストも締まっていくはずです」(角田さん)

一見するとキツそうだが、実際にやってみると、日常生活の延長の動きばかりなので、見た目ほどツラくはない。それでもツラいという人は、少なめの回数から始めて、回数を増やしていくといいという。ただし、その際に注意すべき点がある。

「自宅でのトレーニングというと、テレビやスマホを見ながらの、いわゆる“ながら運動”をしがちです。しかし、“ながら運動”は集中していないので、体のどこの部分を使っているかを感じにくく、筋肉がつきにくい。たった15分間だけですので、トレーニングに集中して使う筋肉を意識しましょう」(角田さん)

1745_tsunoda_seina_02_800px

普段からハイカロリーな食事を摂ることが多いという角田さん

彼女が指導してきた中には、74才のおばあちゃんもいた。彼女もわずか数か月で美しいヒップラインとなり、歩くスピードも格段に上がったという。

角田さんは「どんな人でもトレーニングをすれば、1か月程度で、必ず結果は出るはずです」と力を込める。

これから忘年会、クリスマスとイベントが続き、年が明けてもおせちやお餅にお酒と、太りやすい食事を摂る機会が増える。今から始めれば、まだ間に合うはず。楽しい年末年始を過ごすために、まずは1か月間だけでも頑張ってみませんか?

1日たった15分で美尻&太らない体に!

美尻トレーニングのポイント!

●すべて20×3回
●インターバルは45秒
●好きなときに集中して行う!

スクワット

1745_squat_01_800px

足を肩幅に開いて、手をクロスして肩にのせる。腕は床と平行になるようにキープ。

1745_squat_02_800px

お尻を突き出し、太ももが床と平行になるようにひざを曲げる。かかとで地面を押してゆっくり戻る。

ブルガリアンスクワット

1745_bulgarian_squat_01_800px

ふみ台や階段など、少し高いところに片足を置く。地面に着いた軸足に体重の9割をのせる。

1745_bulgarian_squat_02_800px

ひざを深く曲げて、軸足のかかとで地面を押すようにゆっくり戻る。左右10回ずつ。前傾姿勢にならないよう注意。

ヒップリフト

1745_hip_lift_01_800px

仰向けになって、ひざを曲げる。お腹にも力を入れないと、腰を痛めるので腹筋を意識して。

1745_hip_lift_02_800px

両足のかかとに体重をのせて、お尻を上げる。体のラインがまっすぐになるように、キープする。

ヒップレイズ

1745_hip_raise_01_800px

四つん這いになる。グラグラしないよう、体を固定するイメージで、目線は前方に。

1745_hip_raise_02_800px

片方の足を体の横にひざから上げる。手をしっかりついて、お尻にキュッと力を入れながら行う。10回ごとに足をかえる。

バイシクル

1745_bicycle_01_800px

足と頭を浮かせて、手を耳の横にそえる。お尻と腹筋に力が入っていることを確認する。

1745_bicycle_02_800px

右ひじと左ひざをお腹の上でタッチさせる。次は左ひじと右ひざを同様にタッチさせ、交互に行う。

食事法を組み合わせてトレーニング効果をアップ!

鍛えられた“美ボディー”を持つ角田さんの場合、連日のように暴飲暴食を繰り返しても体重や見た目に大きな影響はない。

だが、やはり運動不足の人が付け焼き刃でトレーニングしただけの場合は、「年末年始だけ」など、暴飲暴食は“期間限定”となる。栄養士の資格も持っている角田さんがこう解説してくれた。

「トレーニングを続けてもらったとしても、毎日の暴飲暴食は危険です。重要なのは暴飲暴食をする以外の日の食事です。高たんぱく、低脂肪、中炭水化物を心掛けましょう。これらを摂取することで、普段の生活の中で脂肪を燃焼しやすくなります」

これらの条件を満たすのが「和定食」だという。

「高たんぱく、低脂肪は、魚や脂身の少ない肉などをメインに使ったお料理です。焼き魚や豚の生姜焼きなどが代表例ですね。“中炭水化物”とは、白米などの炭水化物を朝と昼は食べて大丈夫で、夜だけ控えるようにすることです。完全に炭水化物を抜くわけではありませんから、中炭水化物という言い方になります。少し前に流行ったダイエットとは違い、ちゃんとご飯を食べられるので無理せずに続けられますよ」(角田さん)

トレーニングとこの食事法を組み合わせることが、太らない体への最短距離だという角田さん。こちらも実践してみてください。

※女性セブン2017年12月14日号

【関連する記事をチェック!】
【今村式美ボディメイク】臀部を鍛えて美尻に!「ワンレッグスクワット」
毎日5分で、美尻メイク!下半身デブ改善にも役立つ【ヨガ3選】
美尻メイクや脂肪燃焼など。秋太りを撃退する【注目レッスン4選】
ぽっこりお腹を引き締める、ペンをお尻にキュッ!の「肛門体操」
【スキマ時間エクサ】プリッとした美尻を作る「サイドステップエクササイズ」

関連記事