HIITで効率よく全身引き締め!米国発の「オレンジセオリーフィットネス」を【体験レポ】

米国・フロリダ生まれの「オレンジセオリーフィットネス」は、1時間の高強度インターバルトレーニング(HIIT)を体験できるフィットネススタジオ。

TaikenReport_OrangeTheory06

全世界に約800店、50万人以上の会員をもち、日本には昨年秋に横浜・青葉台に第1号店を開いた。そんな同スタジオが、ついに都内に進出を果たし、2017年12月1日(金)、麻布十番に第2号店をオープン。そこで、アラフォーの編集 I がその体験会に参加してみた。

* * *

60分間のレッスンでは、トレッドミル、ローイングマシン、ウエイトなどを使って、有酸素運動と無酸素運動を交互に繰り返す。

TaikenReport_OrangeTheory09

オリジナルのハートレートセンサーは個人で購入するため、レッスン外で使用してもOK

最大心拍数(計算で導き出される理論上の心拍数の上限値)の84%以上の状態を12分間以上、維持することで、60分のレッスン1回で500〜1000kcalを消費。加えて、運動後にカロリー消費が最長36時間は続く「アフターバーン効果」を得ることができるという。

トレーニング中は、オリジナルのハートレートセンサーで心拍数を測る。最大心拍数の割合で心拍数を、グレー、ブルー、グリーン、オレンジ、レッド、と5つのゾーンに分けていて、これがスタジオ内のモニターに表示される。オレンジかレッドであれば、最大心拍数が84%以上のゾーンにいる、というわけ。

ローイングマシンで、下半身から背中を引き締め!

TaikenReport_OrangeTheory01

水が入ったタンク付きローイングマシンは特注とか

持久力、瞬発力、パワー、筋力を高めながら、全身をくまなく引き締めることができるというから、美痩せを目指す人にぴったり!

通常のレッスンは60分だけれど、この日はプレス向け体験会のため、30分の短縮バージョン。大音量の音楽がかかる中、トレッドミルとローイングマシンの2グループに分かれて、トレーニングをスタート。

私はローイングマシンから。脚全体の筋肉を使って、ボートを漕ぐようにハンドルを引っ張ることで、下半身から背中を中心に鍛えながら、効率よく脂肪を燃焼することができるという。

TaikenReport_OrangeTheory02

ボールの重さには、隣の女子も驚いた様子だった

まずは軽く体ならし。これは「グリーン」のゾーンでOKなので、体は楽。続いて、5分間の集中ワークアウト。ローイングマシンを100m漕いだら、ボールを持って脚を開閉しながらのジャンプを20回、を制限時間内にできる限り行う。

ボールは見た目からバスケットボール?…と思っていたのだけれど、持ってみたら、ずしっと重くてびっくり! 後でコーチのRyoさんに尋ねたところ、重さは約6kg(13ポンド)でした。さすがに腕を真っ直ぐ伸ばすのに苦心するはず。

【次は、トレッドミルでオレンジのゾーンへ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事