太もものセルライトやむくみを撲滅!脂肪を燃焼させる美圧マッサージ

年齢とともに逆らえなくなってくる重力との戦い…セルライトやむくみを撲滅するには、脂肪燃焼マッサージを! 下半身、とくに太ももは加齢によるたるみが出やすい場所。美圧マッサージで固くなった脂肪を溶かし出して!

1743_biatsu

圧力をかけてもむことで脂肪を溶かし出す

「下半身太りの原因であるセルライトは、普通の脂肪よりも落ちにくく、食事制限では落ちにくいのが特徴です」

こう話すのは、自らが考案した脂肪燃焼マッサージで、20㎏のダイエットに成功した本島彩帆里さん。

「老廃物は重力に従い下半身に溜まりやすいため、マッサージで巡りを良くすることが大切。冷えは太る原因になるので、まずは足先から巡りを良くし、太ももは痛気持ちいいと感じる圧力でしっかりともみましょう。冬の乾燥対策にもなるので、オイルを使って行うとより効果的ですよ」

著書に『もんでヤセない身体はない 燃焼系「美圧」マッサージ』(KADOKAWA)などがある本島さんに、そのマッサージ法を教えてもらった。

まずはマッサージ前の準備

1743_biatsu3

オイル(オリーブオイルでもOK)500円玉大を脚全体に伸ばす。むくみが気になる場合は、塩ひとつまみを混ぜて。

1743_biatsu4

足首を回し代謝を上げる

片手で足首を押さえ、反対の手の指と足の指を絡ませ、ぐるぐると大きく回す。逆回転も。

1743_biatsu5

足の指を刺激し代謝を上げる

足の親指と人差し指を持って、前後に大きく広げる。同様に、全ての指の間をしっかりと広げる。

1743_biatsu6

足裏にある湧泉のツボを刺激

土踏まずの中央(足指を曲げたときにヘコむ部分)にある湧泉のツボから足指の付け根にかけてもみほぐす。

脂肪燃焼マッサージのPOINT

●いろんなもみ方でもむ

基本のもみ方を参考に、「もむ」「つまむ」「ねじる」など、いろんなバリエーションを使い分けることで、脂肪燃焼効果が高まります。

●「痛気持ちいい」力加減で

セルライトがある所ほど、もむと痛みを感じます。これをほぐすには痛気持ちいい力加減が重要。痛い所ほど念入りにもみ出して。

●深い呼吸を意識する

脂肪燃焼効果を促進するには、体の中に酸素を取り入れることが大切。深い呼吸を意識し、リラックスして行いましょう。

●マッサージ前に水分補給を

マッサージを行うと血行が促進されるので、事前に水分を体に取り入れておくことで、老廃物が排出されやすくなります。

●目標は1日1もみ!

効果を出すためには、1度にもむ回数を増やすより毎日行うことが重要。まずは1日1セットで、マッサージを生活習慣に組み込んで。

では、基本のもみ方からスタート!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事