下半身ほっそり!ダイエットエキスパートの秘技「レギンス入浴」

2005年に11.5分だった1日の平均湯船入浴時間は、今や9.7分に(花王調べ)。短い時間で効率よく美と健康を手に入れる入浴法を身につけるべし。

1742_leggins5

ダイエットエキスパートの和田清香さんが「レギンス入浴」を伝授!

350種類以上のダイエットを試した達人が編み出したのは、なんとレギンスをはいたままお風呂に入る方法だ。続けることでお尻やふくらはぎなど気になる下半身がほっそりするらしい。

はいて入浴するだけの楽ちんダイエット

レギンス入浴を教えてくれるのは、ダイエットエキスパートの和田清香さん。若いころは、数々のダイエットにトライしては失敗を繰り返していたという。「お風呂なら毎日の習慣にしやすいし、さらにラクして効果を上げるには…」と考えたのが、レギンス入浴だ。

「レギンスの着圧と、お風呂の水圧のダブルで、下半身に圧がかかり、血流が促され、むくみがスッキリします」

入浴の前後でウエストが4cmサイズダウンしたことも。下半身の血流がよくなり、汗をかきやすい体質になったことで、食事制限せずにやせ、リバウンドは一切なし。

レギンス入浴に加えて、湯船でマッサージやエクササイズをプラスすることで、引き締め効果がさらにアップ。

「マッサージは、足先から上に向かって順番に行ないましょう」(和田さん)

レギンス入浴には、こんなメリットがあるという。

・着圧&水圧で引き締め
・下半身がほっそり
・むくみがスッキリ
・セルライト撃退
・湯冷めしにくい

基本のレギンス入浴

着圧タイプのレギンスを用意して。レギンスなしでも、お風呂の入り方やエクササイズすることでダイエットに◎。

【1】 全身浴で約3分
レギンスをはき、38~40℃のお湯に肩まで浸かって全身を温める。

【2】 半身浴で約5分
みぞおちまで上がって半身浴。ここでエクササイズやマッサージを行うと効果的。

【3】全身→半身浴を繰り返す
肩まで浸かる→半身浴をあと2回。交互に行うことで代謝アップに。

【4】レギンスを脱いで湯船へ
レギンスを脱いだら、体や髪を洗って最後に湯船に浸かる。

基本を押さえたところで、続いて「下半身やせ」&「ヒップアップ」に効くエクササイズにトライ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...