メイクしたまま寝は厳禁!秋枯れ肌に潤い取り戻すケアのコツ

カサカサ、かゆい、メイクがのらない…。この季節、乾燥による肌トラブルを抱えて、ケアをしたのに、「なんだかしわが増えたよう‥」などと嘆く人が増えている。それ、自己流ケアのやりすぎが原因かもしれません。秋の枯れた肌を潤す、ケアの秘訣、教えます!

facecare_fotoco

秋枯れ肌に潤いを取り戻すケアのコツは?(イラスト/アフロ)

クレンジング剤は使い方をひと工夫

多めの量を心がける。秋冬の時季に拭き取りタイプのクリームクレンジングを使用する場合は洗い流すこと。クレンジングオイルは“乳化”を忘れずに。いったんオイルをメイクとなじませたら、手を軽く水で濡らして、再度なじませると白く濁る。その後、すすぎを行うとメイク、水、オイルが混ざり合い、メイクをスムーズに落とすことができる。この工程を行わないと、こすりすぎやメイク残りの原因に。

スペシャルケアは肌の調子のいい時に

肌の調子が悪い時、マッサージや高価なパックを試したくなるが、これは肌荒れのもと。

「肌荒れ時に特別なケアをするのは、体に例えると熱があったり胃もたれしているのに、こってりしたステーキを食べるようなもの。バリア機能が弱った肌には逆効果です」(『めぐろ皮膚科クリニック』院長の深野祐子さん)

肌荒れをしたら“化粧水で水分を与え、クリームや乳液などの油分でフタ”という基本のケアで穏やかに肌をいたわろう。

メイクしたまま寝ると肌はひと晩で枯れる

深野さんが「私が絶対にしない」と断言するメイクしたまま睡眠。肌の上に放置された皮脂とメイクは“汚れ”となり、本来、皮膚が再生するはずの睡眠時に肌を攻撃し続けるからだ。そして乾燥やしわ、毛穴の広がり、ニキビ、シミなどさまざまなトラブルのもとに。

秋冬はピーリングで角質ケアを

秋冬は新たな紫外線ダメージを受けにくいので積極的なケアを行うのに適した時季。深野さんはピーリング効果のある石けんで角質ケアを行うのもいいと言う。ホームケアであればAHA(アルファヒドロキシ酸)の濃度が1%前後の石けんを。まずは週1回から始めて乾燥を感じなければ、徐々に回数を増やして。

“秋枯れ肌”にならないコツを日々のケアにぜひ取り入れて!

※女性セブン2017年11月16日号

【関連する記事をチェック!】
9つの穴の乾燥は体調不良のサイン。うるおして不調を撃退!
【旬菜】アンチエイジングや乾燥肌対策にうれしい「ほうれん草のポタージュ」
【山本浩未さん連載・メイクのメ】荒れるほど肌が乾燥したらクリームだけのシンプルケアに
【間々田佳子さんの顔ヨガ1分動画】暖房で乾燥した肌を若返らせて、うるおい肌に
【山本浩未さんのメイクのメ】化粧水を2度づけするだけで2倍きれいになれちゃう!?

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

  1. Namie Arai より:

    私はよく、メイクしたまま寝てしまうタイプです。
    分かってはいても、ついつい疲れているとそのままバタンキュー・・・

    逆に何か、みなさんが、メイク落としをするために、
    心がけているメンタル?のようなものはありますでしょうか??

FEATURE

さらに見る

You might also like...