【月齢ダイエット】11月4日「牡牛座の満月」は夕食抜きにトライ

根菜スープでエネルギー吸収

満月の日は、1か月の中で最も体が吸収しやすい状態にあるのですが、それはつまり、体にあまりよくないものも吸収しやすいということ。なので、食べるものはよーく吟味してくださいね。

逆にいえば、体にいいものを食べれば吸収力が高いので、エネルギーに変わり元気になるということ。それに満月の日に、自然のもの、旬のものを多くいただくと感性が研ぎ澄まされるともいわれています。

「牡牛座」は大地のエネルギーとリンクするので、根菜類をたっぷりといただきましょう。大地に根付いていた野菜をいただくと、地に足がついた安定感のある行動をもたらしてくれるともいわれています。

根菜_20171104キャメ

見た目もキレイで体にいい、カラフルな根菜スープはいかがでしょうか? 食物繊維がたっぷりなので、デトックス効果が高いし、ビタミンも豊富ですよ。

材料は玉ねぎ、ごぼう、人参、サツマイモ、豆類などで、玉ねぎはみじん切りにして炒めて、3ミリ角に切った、ごぼう、人参、サツマイモと豆類を加えてさらに炒めてからスープにします。ベースのスープはコンソメでも、だし汁でもどちらでもOK。

寒くなるこれからの季節、体が温まるし新陳代謝もアップしてダイエットしやすい体になれそうですよね。

満月の日は夕食抜きで胃腸に休息を

月のエネルギーが高まる満月の日は、夕食を抜くと浄化力が高まりいいデトックスになるそう。

夕食を抜くメリットは、単純に1日の摂取カロリーが少なくなるだけでなく、胃腸を休める時間が長くなることがいいんです。夜遅くまで食べていると、胃腸はそれを消化しようと働き続け、いわゆる残業状態に…。これでは胃腸も疲れてしまいますよね。

たまに夕食を抜いて、胃腸を休ませることで、排泄力が高まるし、ダイエットだけでなく健康面でもメリットがあるのだそう。

さらに、老廃物や活性酸素を処理する臓器である肝臓や腎臓の働きも良くなる、血液も浄化されるなど、肌細胞にもいい影響が! 美肌効果も期待できますよ。

まずは満月の日だけでもいいので、トライしてみてください。

【この連載のバックナンバー】
●10月28日「水瓶座の上弦の月」は脂肪排出がテーマ
●10月20日「天秤座の新月」はドライフルーツ&ドライベジで節制!
●10月12日「蟹座の下弦の月」はファスティングで胃をケア
●10月6日「牡羊座の満月」は肉食で代謝UP
●9月28日「山羊座の上弦の月」は「ながらエクササイズ」に励む!

→これ以前の記事は【こちら】

【関連する記事をチェック!】
脱リバウンド!日常生活でなにかを「しながらエクササイズ」のススメ
【二重アゴ改善にも◎【絹手袋マッサージ】で顔のむくみをとって、小顔に!
【筋膜リリース】全身の引き締めに効く「スウィングスクワット」
【お悩み解決ストレッチ】タレ尻やお尻デカッ!を改善する「桃尻ヒップアップ」
【体験レポ】話題のVRマシンも完備!「THE BODY RIDE」で時短シェイプアップ

キャメレオン竹田

Kyamereon_Takeda

占い師、作家、画家、詩人、旅人、株式会社トウメイ人間製作所代表取締役。西洋占星術とタロットを駆使した独自の占いカウンセリングで、現在は新規で鑑定予約困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営しているが、現在満員である。公式のLINEでは、毎日の占いや、読んでいる人の気持ちが明るくなるつぶやきをしている

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事