【スキマ時間エクサ】脇腹の贅肉を撃退!「ウエストくびれエクササイズ」

ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さんが、ウエストにくびれをつくるお手軽エクササイズを紹介。

小林_ウエストくびれ1

「うっとり美容」で自身も8kg減を達成した小林さんは、日常生活の動きにエクササイズを取り入れる「ながらエクササイズ」など、簡単だけど習慣化することでダイエットにつながるエクササイズを提案している。

今回は、脇腹に負荷をかけてウエストをくびれさせる方法を解説。

* * *

通勤バッグでスキマ時間にくびれメイク

以前の記事(【スキマ時間エクサ】腹斜筋を鍛える「ウエストくびれエクササイズ」)でご紹介しましたが、ウエストをひねったり、上に引き上げる役割のある腹斜筋に負荷を与えることできゅっと引き締まったくびれをつくることができます。

ウエストのくびれは女性なら誰もが憧れるもの。くびれづくりは、普段から意識することで意外に簡単にできるので、暇さえあれば脇腹にきゅっと刺激が入る動きを行うように心がけましょう。

今回はいつもの通勤バッグを使って、ウエストの脇腹部分を引き締めるエクササイズをご紹介します。通勤バッグをダンベル代わりにし、500mLのペットボトルをバッグに1本入れて負荷をつくります。

持ち上げたときに10回ぎりぎりできるくらいの重さがベスト。まずは500mLから始めて1本ずつ増やしたり、大きめのペットボトルで量を調整しながら、自分にちょうどいい負荷にしてくださいね。

この運動は通勤バッグを用いたエクササイズなので、仕事に出かける前や、お昼休み、帰宅後など、スキマ時間を見つけて行ってください。このエクササイズの他にもバッグを使ったエクササイズをご紹介しているので、下記も合わせて行って美ボディを目指しましょう!

※バッグを負荷に使った過去の記事はコチラ→【スキマ時間エクサ】通勤途中に腕を引き締める「二の腕シェイプ」

【次ページで脇腹の贅肉を引き締めるエクササイズを解説!】

「ウエストくびれエクササイズ」のやり方

単調な動きですがひとつひとつの動きを丁寧に行えば、しっかりと腹斜筋を鍛えることができるのでトライしてくださいね。

小林_ウエストくびれ2

【1】骨盤幅に脚を広げて姿勢を正し、片手でバッグを持って反対側の手は頭に置く

小林_ウエストくびれ3

【2】バッグを持ったほうに体を倒し、反対の体側を伸ばす

小林_ウエストくびれ4

【3】倒した体をゆっくりと戻す

小林_ウエストくびれ5

【4】そのまま反対側に体を倒しながら、バッグを持っているほうの体側を伸ばす。この動きを10回繰り返す

【5】バッグを持つ手を入れ替えて反対側も【1】から【4】を行い、計3セット行いましょう

NG!体が倒れないように注意

小林_ウエストくびれ6

体が前かがみになってしまうと、腹斜筋を効率よく鍛えることができなくなります。胸をしっかりと張って、体側を真横にしっかり曲げ伸ばしして、脇腹に負荷がかかることを感じながら行いましょう!

写真/手塚 優

【関連する記事をチェック!】
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選
鎖骨美人で痩せ体質を目指す!毎朝1分の「デコルテエクササイズ」
丸く引き締まった美尻に!【風呂トレ】でヒップアップ

監修:小林麻利子(こばやし・まりこ)

MarikoKobayashi

京都府京都市生まれ。ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター。生活習慣改善サロン「Flura」を主宰。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで、美人を作る「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。自身も良質の睡眠をとることで8kgものダイエットに成功している。著書に『美人をつくる熟睡スイッチ』(株式会社G.B.)。公式HPは、http://fluraf.com/

【小林麻利子さんのバックナンバー記事】
【スキマ時間エクサ】背中とヒップをすっきり!「後ろ姿美人エクササイズ」
【スキマ時間エクサ】腹斜筋を鍛える「ウエストくびれエクササイズ」
【スキマ時間エクサ】通勤途中に腕を引き締める「二の腕シェイプ」
【スキマ時間エクサ】床の物を拾う動きで美背中&美尻をつくる!
【スキマ時間エクサ】ほっそり太ももを作る「内ももシェイプ」

→このシリーズのその他はこちら

関連記事