【ライザップ体験:食事編】つらい糖質制限も、水を飲めば怖くない!?

アラフォーの編集・Iが、ガチで「ライザップ(RIZAP)」を体験。トレーナーの伊藤佑さんによると、シェイプアップ期の食事はしっかりと糖質をコントロールする必要がある。そのオススメの食材と実際に食べたものは、こちら!

TaikenReport_RIZAP_OneBySosu

【昼食】主食抜きで肉メイン。トレーニング後は、豚ヒレ肉が◎

【主菜】
鮭(サケ)、鯖(サバ)、鶏胸肉、豚ヒレ肉

【サラダ】
アボカド、オクラ、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、水菜

【副菜】
きのこ、豆腐、納豆、めかぶ、もずく、ゆで卵、わかめ

昼食のオススメ食材も朝食とほぼ同じ。ただし、1日の50%に当たる分量を食べたいので、ボリューム感がある肉、中でも脂身が少ない豚ひれ肉や鶏胸肉が推奨食材に。

「筋肉作りに役立つ肉といえば、鶏ささみが人気ですが、実は糖質のエネルギー変換に使われる『ビタミンB1』などを含む豚ヒレ肉のほうがベター。野菜は食べ応えの点で、ブロッコリーが◎です」

【実際に食べたのは…】
働いているとどうしてもランチは外食に。基本はカフェなどで鶏肉のグリルやステーキなどの肉料理をメインにした定食スタイルをチョイス。じゃがいもやにんじんなどの糖質が多い野菜が入っていないかをチェックし、可能な場合は別のものにチェンジをお願いした。「ライザップでダイエット中…」と伝えれば、意外とお店側は理解してくれる!

ちなみに「ライザップ 神宮前店」と同じビルにある「Ones by Sosu(ワンズ バイ ソスウ)」には低糖質メニューがあって便利。写真は、推奨素材がいっぱい入った「豚ヒレ、アボカド、ブロッコリーのスパイシーソテー with サラダ」(1512円)。

YaseShokuzai10_nuts

我慢できなければ【おやつ】もOK。アーモンドがオススメ!

【おやつ】
プロテイン、アーモンド(10粒まで)、くるみ(7粒まで)、ゆで卵

フィットネス女子のおやつではドライフルーツも人気だけれど、これには糖質がたっぷり! 中でも◎なのは、アンチエイジングや血流アップにうれしい「ビタミンE」を含むアーモンド。

「チーズもOKですが、日本人の胃腸は乳製品を消化しずらい傾向に。これは相性次第ですね」

【実際に食べたのは…】
お腹が空くかも…と最初のうちはコンビニエンスストアでプロセスチーズを買って、6Pを一気食べしていた。ところが、水を2リットル飲んでいるせいか、意外に空腹感に悩まされることもなく。

その後は、くるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツが入った「1週間分のロカボナッツ」(デルタ)が定番に。小袋に分かれていて、1袋当たりの糖質量はたった1.6g。美容にいい「オメガ3脂肪酸」や「ミネラル」などが摂れるのもうれしい。

TaikenReport_RIZAP_DinnerAtHome02

【夕食】主食を豆腐に置き換え、分量控えめに。青魚が推奨食材

【主菜】
青魚

【サラダ】
オクラ、ほうれん草、水菜

【副菜】
きのこ、豆腐、めかぶ、もずく、わかめ

食事量を抑えたい夜は、脂肪になりづらい青魚、胃腸に負担をかけにくい植物性の豆腐などで、たんぱく質の摂取を。野菜は100gで31kcalと低カロリーで、糖質の摂取を抑えながら、その代謝をサポートしてくれるオクラなどの緑黄色野菜が◎。

【実際に食べたのは…】
ごはんを、食べ応えがある木綿豆腐に置き換え。パクチーやキュウリなどを細かく刻んだ”ダシ”をのせたり、鮭や鯖の水煮缶、ほうれん草や青梗菜入りのスープに加えたり。メインは極力、魚介類に。外食時にも、なるべく糖質が少なさそうな野菜や、肉か魚が中心のメニューに。

2週目には、夕食を置き換えシェイクにしたのだけれど、はじめた途端、なぜか体重&体脂肪率の減少が滞るように。シェイクをやめたら、するすると落ち出したので、自分で作った夕食よりもシェイクのほうが糖質量が多かった模様!

「ライザップ」の糖質制限、気になるダイエット効果は?

RIZAP_studio_before_after002

結果は、体重は2.15kg減、体脂肪率は2.8%減。見た目的にも、ウエストは−4.2cm、ヒップは−4.4cm、太ももは−2cm、と気になる部分がだいぶ引き締まった。

また、内臓脂肪のレベルも平均3.5から平均2に。「肉好きで脂質を摂り過ぎているから…?」と思っていたけれど、むしろ糖質のせいだったのかも。

始める前には、「さすがに主食抜きはキツイ…」と思っていたけれど、意外と平気だった。糖質が多いお酒やラーメンなんかが好きだともっと苦労するかもしれないけれど、私の場合、空腹感に悩まされず、味が好きなものを食べていれば、糖質抜きは案外ツラくなかった。

中でも空腹防止に役立ったのは、水2リットルを飲むこと。これも開始前には難しいかも、と思ったけれど、500mlのペットボトルを会社の行き帰りに各1本、会社で1本、帰宅して1本、と飲む時間を決めたら、ノルマをクリアしやすくなった。

RIZAP_studio_956

唯一の弊害は、2週間の間、MCTオイルやギーなど、脳へのエネルギー源を補給するのに役立つ食材をプラスしてはいたものの、集中力が落ちて、原稿を書けなくなったこと…。ただし、糖質が少ない状態に体が慣れたのか、しばらくすると集中力が戻ってきた、

また不思議なことに、チャレンジ前は苦手だった生野菜に対して、食欲が湧くように。

ちなみに、「ライザップ」でのダイエットは、毎日、食べたものを写真と文章で報告し、都度アドバイスをもらいながら進める。そこでトレーナーさんに褒めてもらったり、逆に注意をしてもらったりが、がんばる励みに。周囲の人に”ダイエット宣言”をして、SNSで進捗報告をするのも同様に◎だと思う。

そして、トレーナー付きで食事コントロールをしながら、毎日、体組成計で計測をすると、自分に適した食生活を理解することができるのがなによりの成果かも。きちんとNG食材を把握して、避けることができれば、確かにリバウンドの恐れはないはず!

写真/瀬尾直道、竹井俊晴

【関連する記事をチェック!】
糖質制限のコツを伝授!スパルタ式料理教室「ライザップ クック」を【体験レポ】
トレンドの”美尻エクサ”を指南!【イケメン動画レッスン】伊藤佑さん(RIZAP)
【RIZAP監修】ダイエットに役立つ「作り置きレシピ」5選
宅トレ×糖質制限!RIZAP式ダイエットを【体験レポ】
毎晩5分で、下半身デブ改善!”痩せる体”に導く【夜活ヨガ】3選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事