【顔ヨガ1分動画】目力に差をつけろ! 「仮面プッシュ」でデカ目に!

“1回たったの10秒! 見た目年齢マイナス10歳!”──表情筋を動かすだけで、顔のたるみ、ほうれい線、しわを解消し、整形並みの小顔&若顔がゲットできる「顔ヨガ」。テレビをはじめ多くのメディアで話題沸騰中だ。kamenpush1

多くの有名人の顔をあっという間に若返らせてきたカリスマ顔ヨガ講師の間々田佳子さんが、気になるお悩みを解決してくれるシリーズ。第30回目のお悩みは、「印象の薄い目元」。

Q:パッチリ目にするには?

久しぶりに会った友人が、やせてキレイになってビックリ! いちばん驚いたのは目力。以前は目の大きい印象がなかったのに…。アイラインを強めに引いてるわけでもないし、もしかして、目の周りのムダ肉が取れたってこと? でも、飲み会の多い年末に、ダイエットなんて、ムリ~! 体重はそのままで目力だけ上げられる? (25才・会社員)

A:目の力でまぶたを押し上げる

「顔ヨガを始めると、ほとんどの人の目が大きくなります。結果、アイラインやアイシャドーなどフルメイクしていたことを忘れてしまうほど。実は、目を大きくすることは、それほど難しいことではありません。そもそも、日常的に目の周りの筋肉を意識して動かしていないからです。意識して目の周りの筋肉を使うこと。これだけで、目力をゲットできます。

とはいえ、“目の周りの筋肉を動かしましょう”と言われても、どうすればいいのか困りますよね。有効なポーズが『仮面プッシュ』。目の周りに意識を集中させて行ううちに、“目の周りの筋肉でまぶたを押し上げる”という感覚が実感できます。コツをつかめば、目の周りの開く領域も伸びて、どんどん目が大きくなります」(間々田さん)

全方位にまぶたが開けば、目力もアップ

初めは、1つ1つの動作を丁寧に行って。目をグッと見開き、目の周りに意識を集中させて、目の周りの筋肉でまぶたを押し上げるイメージ。目の周りの筋肉が動いていることを感じるようになったら、ステップアップ! 上、下、斜め上に、まぶたを押し上げる。全方位にまぶたが開けば、目力もアップ。一方、額や眉が動くのは、目の周りの筋肉が使われていない証拠。額や眉などの大きな筋肉に頼らず、目の周りの筋肉だけを使って。

「65才で顔ヨガのインストラクターになった生徒さんも『仮面プッシュ』で、まぶたが下がらなくなったことを実感されています。ほかにも、今まで、まるで使っていなかった目の周りの筋肉を意識できるようになった頃、友人から“目が大きくなったね” と褒められるようになった生徒さんもいます。さらには、同窓会に出席した生徒さんは、同級生と自分の目力を比べ、“勝ったー!”と『仮面プッシュ』の効果を確信したそう(笑い)」(間々田さん)

一日中パッチリ目をキープしたいなら、朝起きの『仮面プッシュ』を習慣に。また、目が疲れている時に行えば、目の周りの血流が良くなり、視界もスッキリ!

顔ヨガのポーズ「仮面プッシュ」

1 親指と人差し指で輪っかを作り、めがねのように目に当てる。人差し指は眉が動かないように固定する。目を閉じる。

2 目をグッと開く。眉が動かないように。

【関連する記事をチェック!】
脱リバウンド!日常生活でなにかを「しながらエクササイズ」のススメ
【二重アゴ改善にも◎【絹手袋マッサージ】で顔のむくみをとって、小顔に!
【筋膜リリース】全身の引き締めに効く「スウィングスクワット」
【お悩み解決ストレッチ】タレ尻やお尻デカッ!を改善する「桃尻ヒップアップ」
【体験レポ】話題のVRマシンも完備!「THE BODY RIDE」で時短シェイプアップ

顔ヨガ講師・間々田佳子

テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。著書の累計部数が48万部突破。最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部超の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所などいつでもどこでも実践!

【このシリーズのバックナンバー】
「顔面ブランコ」でバランスの良い小顔美人に! 
「シンクロノーズ」で小鼻のむだ肉を取って鼻筋を通す! 
健康的なぷるるん唇を「チューください」でゲット!
「ムンクのマッサージ」でむくんだデカ顔をシャープな小顔に! 
ブルドックライン撃退&ダイエットの救世主「おいしい顔」
「天使のまばたき」でアイラインのいらない瞳に! 
隠せない首のたるみ肉は「ひっひっひー」で瞬殺! 
「こめかみストレッチ」でたるみ顔を即効リセット
「ムンクの顔」で目のクマ&額じわをW撃退! 
目元のしわを刻まれる前に消す「目尻のVスマイル」
頬のたるみとほうれい線を一挙改善する「おだんごロック」
あごラインを引き上げ、二重あごを解消!

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...