北欧コスメブランドとのコラボも【最旬アイテム図鑑】「Reebok」のランニングウェアをチェック!

ランニングのベストシーズンを迎えた今、ダイエット目当てで走り出した女子も少なくないはず。

SakamotoShoko_Running_201711_05

写真左は「OCR(ワンシリーズランニング) ランニングロングタイツ」6469円。中央は上から、「OSR ランニングフェイス ヒーロー ジャケット」1万789円、「OSR ランニング フェイス 2イン1ショーツ 」4849円、「プリントラン」9709円。右は上から「フロートライド」2万520円、「ワンシリーズ Photo Fold(フォト フォールド)グラフィックパワー ブラトップ」7549円、「OSR ランニング アクティブチル Tシャツ」4849円/共に、Reebok

そこで、スタイリストの坂本祥子さんが、人気ブランドの最旬ウェアをピックアップ。今回は、モデルのジジ・ハディッドや中村アンがアンバサダーを務める「Reebok(リーボック)」のアイテムをご紹介。

デザイン◎のウェアの中でも、北欧ブランドとのコラボに注目!

今季のランニングウェアの中でまず入手したいのが、北欧発コスメブランド「フェイス ストックホルム(FACE STOCKHOLM)」とコラボから生まれた「OSR(ワンシリーズ ランニング) ランニングフェイス ヒーロー ジャケット」(1万789円)。濃淡2色のブルー、ピンク、シルバーの4色の組み合わせたジャケットは、レトロモダンな雰囲気が◎。反射素材を用いていたり、腰面にポケットがあったり、と機能面もばっちり。

きれいにコーデをまとめたい人は、インナータイツ一体型「OSR ランニング フェイス 2イン1ショーツ 」(4849円)も購入を。合わせてタイツを着用するのなら、ジャケット同様にデルタを型どったロゴを銀色であしらった「OCR ランニングロングタイツ」(6469円)がぴったり。

バラエティ豊かに揃うブラトップの中、ランニングにはハイインパクトがオススメ。「ワンシリーズ Photo Fold(フォト フォールド)グラフィックパワー ブラトップ」(7549円)は、ストラップで調整ができる点も便利。Tシャツを身につけるのなら、冷感素材を使った「OSR ランニング アクティブチル Tシャツ」(4849円)が、吸汗速乾性と伸縮性にも優れていて最適。

 シューズは、初心者向け、ジム用、長距離向けがラインナップ

ランニングシューズは今季、長距離ランナー対応の「FLOATRIDE(フロートライド)」(写真右上)、10km未満のジョギングに適した「PRINTRUN(プリントラン)」(写真中央手前)、5km以下のランやトレッドミル向けの「PUMPPLUS(ポンププラス)」の3種類がラインナップ。

中でも初心者ランナーにオススメなのは、9月1日(金)に新登場した「プリントラン」。凸凹のあるクッショニングを配置したアウトソールが足への負荷を和らげ、硬度が高い素材を使ったソールのサイド部分が走りに安定感とサポート感をプラスしてくれる。

カラーバリエーションは3種類ともにいろいろだけれど、ホワイトベースのシューズは街コーデへの汎用性も高い。軽やかな足元で”美痩せラン”を楽しんで。

【データ】
Reebok(リーボック)
0570-033-033 (リーボック アディダスグループお客様窓口)
http://reebok.jp/

写真/瀬尾直道

【関連する記事をチェック!】
【最旬ランニングウェア】人気ブランドの「2017SS ベスト・コーデ」6選
街コーデに活用も。6大人気ブランドの最旬「ランニングシューズ」12選
長く走ることでしっかり脂肪燃焼!LSDの必須アイテムと継続するコツ
秋冬こそ紫外線に注意!ランニングの前後にやるべきお肌と体のケア
【体験レポ】人気モデルも実践!リーボックの「ブートキャンプ」でボディメイク

スタイリング:坂本祥子(さかもと・しょうこ)

スタイリスト。1977年生まれ。ファッション、ライフスタイルを中心に、スタイリングから 編集・原稿執筆までをこなす。『大人になったら、着たい服』(主婦と生活社)、『オズマガジン』『オズプラス』(スターツ出版)ほかで活躍。ナチュラル& ベーシックなファッションに、トレンドをひとさじと、ほんのちょっとの遊び心を加えたスタイルが得意

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...