毎朝5分でお腹を引き締め!くびれ作りに役立つ【朝活ヨガ】3選

ヨガインストラクターとして活躍中のチアキさんが、体のスイッチをONにする「朝活ヨガ」を伝授!

「リラックスクロップドブラトップ」7560円、「デニムワークアウトレギンス」1万260円/ともに、ヨギー・サンクチュアリ

「リラックスクロップドブラトップ」7560円、「デニムワークアウトレギンス」1万260円/ともに、ヨギー・サンクチュアリ

今回は、中でもお腹引き締めに役立つポーズを、まとめて3つ、ご紹介します。

ぽっこりお腹の改善に◎!下腹部のインナーマッスルを鍛える「三日月のポーズ」

「三日月のポーズ」は、上体と脚をつなぐ下腹部のインナーマッスル「腸腰筋(ちょうようきん)」をしっかりと使います。“腰のコルセット”ともいわれるこの筋肉が弱っていると、骨盤が後傾気味になり、ぽっこりお腹や猫背、腰痛の原因にも。逆にここを鍛えると、ヒップアップにもつながります。

また、このポーズには、背骨と骨盤の位置を正して、体に”正しい姿勢”を記憶。さらに背骨周辺の内臓も活性化してくれる効果も期待できます。猫背でスマートフォンやPCを使うことが多い人はぜひトライしましょう。

美しいくびれを作る。”溜め込み体質”脱出にも役立つ「体側を伸ばすポーズ」

「リラックスクロップドブラトップ」7560円、「デニムワークアウトレギンス」1万260円/ともに、ヨギー・サンクチュアリ

食べたものを排出しない”溜め込み体質”は、ダイエットの敵。そんな人にオススメなのが、内臓を活性化する「体側を伸ばすポーズ」です。肋骨周辺の筋肉をストレッチすることで内臓の活性を助け、腕を伸ばすことでわき腹のリンパを刺激。滞りない体を作ります。

また、このポーズは美しいくびれには必須の「腹斜筋(ふくしゃきん)」も使うので、お腹痩せに効果あり。「ハムストリングス」と「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」を鍛えるので、下半身デブ改善にも役立ちます。

脇腹と背中を引き締める「天をあおぐピースフルウォーリアー2」

AsakatsuYoga_PeacefulWarriors05_50D2361

「スイッチスポーティヨガキャミタンク」1万260円、「スイッチスポーティレギンス」1万260円/ヨギー・サンクチュアリ

「天をあおぐピースフルウォーリアー2」は、肋骨を天井方向へと引き上げることで、背中と脇腹の筋肉を鍛えます。その結果、自然と腹筋を使う体に。

またこのポーズには、下腹部を引き締めて、お腹の内圧を高める効果も。そうすると、内臓が活性化されるので、便秘改善にもつながります。

どのポーズも5分もあれば十分! 毎朝の習慣にすることで、お腹痩せを目指しましょう。

【関連する記事をチェック!】
毎朝5分で、腸腰筋を強化!【朝活ヨガ】でお腹痩せを実現
毎朝5分で、下半身デブを脱出!【朝活ヨガ】で美くびれに
脇腹の贅肉をすっきりに役立つ「天をあおぐピースフルウォーリアーズ2」

→さらに【朝活ヨガ】【夜活ヨガ】をチェック!

写真・動画/瀬尾直道 衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ 取材協力/スタジオ・ヨギー

監修:チアキ

Chiaki_AsakatsuYoga002

1986年生まれ。ヨガインストラクター、コンテンポラリーダンサー。日常生活をより豊かにするために丹田への意識を深め、ジャンルを越えた”心と体の解放”をヨガやダンスを通してシェアしている。「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活躍。

ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の新宿EASTやTOKYO、渋谷スタジオ、などでレッスンを担当し、脳生理学者・有田秀穂博士が代表する「セロトニンDojo(ドージョー)」にてメンタルケアヨガを、「Rire(リール)ヨガ」などでシヴァナンダヨガを教えている。夢は愛と笑顔でいっぱいにすること。その活動情報は、インスタグラム「@chiaki_yogadance」で

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

FEATURE

さらに見る

You might also like...