ケリー・クラークソン、ダイエットを強いられ自殺したかった

ケリー・クラークソン(35歳)は歌手になりたての頃、体重を減らすように強いられて、自殺を図ろうとしたことがあったという。

Kelly Clarkson on stage for NBC Today Show Concert with Kelly Clarkson, Rockefeller Plaza, New York, NY September 8, 2017. Photo By: Derek Storm/Everett Collection

ケリー・クラークソンがダイエットを強いられた過去を告白(Kelly Clarkson By: Derek Storm/Everett Collection)

2004年にリリースされたデビューアルバム『ブレイクアウェイ』がヒットとなったケリーは、「容姿をよくしなければいけない」とプレッシャーをかけられたそう。特に体重を減らすように強いられたことを非常にみじめに感じた、と『アティチュード』誌で振り返った。

「本当にあの頃、自殺したかった。あの4年間はとてもみじめだったわ。でも美的にかなっている、という理由で誰も気にしなかった」

ケリーは高校時代には摂食障害だったこともあり、デビュー当時は非常に暗い時期だったと付け足している。

「そこから抜け出す唯一の方法は、やめてしまうことだと思った。当時、ヘッドホンを付けて走っていて、そのせいでひざも足もボロボロだった。いつもジムにいたのよ」

現在は現在3歳の娘と1歳半の息子を持つ2児の母であるケリーは、今はもう体重も気にしていなく、自分の体に満足している、と語っている。

提供/Bangshowbiz

【関連する記事をチェック!】
エマ・トンプソン、プロデューサーの「痩せろ」発言で映画降板を考えた過去を告白
7kg増量!エマ・ストーン、役作りのための「筋トレ」にはまる
スーパーモデルにはさまれても違和感なし!レディー・ガガのボディメンテ術
もう失敗しない!ダイエットのリバウンドをコントロールする「Di理論」
【心理テスト】本当に痩せるべき?あなたの「ダイエット」を診断

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事