日常にちょい足しを。インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で心と体を整える

5000年以上の歴史をもち、今なお実践されているインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」。

Ayurveda04

日本では美容のイメージが強いアーユルヴェーダだけれど、自分の体質(ドーシャ)を知り、それに適した生活習慣を提示するもので、実践すると、無理なく心と体を整えることができるそう。

そこで、アーユルヴェーダ講師でヨガ・インストラクターの福田真理さんに、その「基本のキ」を教えてもらった。美痩せのために取り入れて。

* * *

あなたはどの”ドーシャ”?まずは自分の体質をチェック!

アーユルヴェーダでは、すべてのものは空、風、火、水、地の5大元素からなる、と考えられている。この5大元素を3種類に分類した”ドーシャ”をバランスよく調和させることが基本。

まずは次のチェックリストで、自分がどのドーシャなのか、確認を。

Ayurveda05

もっとも当てはまる数が多いものが、自分のドーシャ。数に差がないドーシャがある場合は、いずれの要素も自分にある、と考えてOK。

【ヴァータ体質】
「風」と「空」の元素を併せもつ「ヴァータ体質」の人は、好奇心旺盛で想像力が豊か。理解が早くて、変化を好む一方で、ストレス耐性が低く、不安を感じやすい。体型は華奢で、皮膚が冷たく、乾燥気味の傾向が。

【ピッタ体質】
「火」と「水」の元素が強い「ピッタ体質」の人は、情熱的でリーダー気質。論理的な完璧主義者である一方で、怒りやすく、見栄っ張りな一面も。標準的な体型の人が多く、暑さに弱く、寒さに強いのが特徴。

【カファ体質】
「水」と「地」の元素をもつ「カファ体質」の人は、物静かで穏やか。言動はゆっくりで、我慢強く、基本的に保守的。体は大きく、がっしりした傾向にあり、体力も◎。ただし、太りやすい傾向あり。

【続いて、体質別の食事と運動の注意点を解説!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事