【スキマ時間エクサ】腹斜筋を鍛える「ウエストくびれエクササイズ」

ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さんがウエストにくびれをつくるお手軽エクササイズを紹介。

小林_椅子くびれ1

「うっとり美容」で自身も8kg減を達成した小林さんは、日常生活の動きにエクササイズを取り入れる「ながらエクササイズ」など、簡単だけど習慣化することでダイエットにつながるエクササイズを提案している。今回はいつでもどこでもできる、椅子を使った「腹斜筋」を鍛える運動。

* * *

ウエストのくびれは「ひねる」ことが何より大事!

ウエストのくびれには、体をひねる役割やお腹を上に引っ張りあげる役割を担う「腹斜筋」と呼ばれる、コルセットのように脇腹をきゅっと締めてくれる筋肉が重要なポイント。お腹の外側に位置する筋肉で、ほっそりと引き締まったウエストになるためには重要な部位です。

腹斜筋を鍛えると、ぽっこりと出た下腹の引き締めにもつながるので、女性ならぜひとも鍛えたいパーツ。

今回は「ひねる」エクササイズをお教えします。エクササイズは続けてこそ、意味があるもの。そこで私が提案しているのが、「スキマ時間エクササイズ」。通勤、オフィス、休憩時間、自宅でのリラックスタイムなど、ちょっとした時間でできるものをご紹介しているので、ぜひトライしてみてください。

生活に根付いた運動こそ、ダイエットが長続きする秘訣。その理由は以前の記事(脱リバウンド!日常生活でなにかを「しながらエクササイズ」のススメ)をご参考に。

【次ページでウエストのくびれをつくるエクササイズを解説!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事