9つの穴の乾燥は体調不良のサイン。うるおして不調を撃退!

肌の乾燥を感じ始めるこの季節。実は乾燥するのは肌だけではなく、粘膜部分のうるおいこそ重要で、女性は“9つの穴”の内部が乾燥しているのは体調が悪いサイン! 9の穴とは、目・耳・鼻(各2つずつ)と、口・腟・肛門(各1つずつ)のこと。この9つの穴の入り口を保湿して、不調を撃退しよう。

oil_fotoco

女性は”9つの穴”の保湿が大事!

唇が乾燥していたら体中カラカラ!?

更年期障害に代表される、なんとなく不調(不定愁訴)の症状のひとつとして、“乾燥”も挙げられる。そう教えてくれたのは、助産師であり、『ちつのトリセツ──劣化はとまる』(径書房)を指導・監修した、たつのゆりこさんだ。

「乾燥の原因には、夜更かしやストレス、運動不足、偏食などが挙げられますが、そもそも女性は、加齢とともに、乾燥しやすくなります。さらに自律神経とホルモンバランスが崩れると、体が全体的に乾いてしまうのです。

健康な体はほぼ6割が水分でできていますが、加齢で体液の量が減ると、肌や髪だけでなく、皮膚の内側の筋肉や脂肪組織、骨、さらには関節までうるおいをなくします」(たつのさん、「」内以下同)

毎日クリームを塗って保湿をしているという人でも、それはせいぜい肌や髪だけ。体の内部まで保湿できている人は少ないという。

「自分が乾燥しているかチェックするのに、いちばんわかりやすい部分は唇。夏でもリップクリームを手放せない人は、体の中もカラカラだと思って間違いありません」

9つの穴の入り口をオイルでうるおす

では、体の中までうるおすにはどうすべきか。大事なのは、9の穴の入り口の粘膜を保湿することだという。

9の穴とは、2つずつある目、耳、鼻、そして口と腟、肛門のこと。

「これらの穴をうるおすにはオイルが有効です。オイルは表面をしっとりさせるだけでなく、内側の細胞まで活性化してくれるからです」

体全体をうるおすには、各部分にオイルを塗り込むより、口から水分を摂った方が、手間も省けてよさそうだが、胃腸が弱っている時は、口から水分を入れても、消化吸収機能が充分に働かないので、むくみの原因になったり、尿の量が増えるだけで、逆に効率が悪いのだという。

「血流が悪い状態で水分を摂りすぎると、むくみやすくなったり、夜は尿意で目が覚めて睡眠が浅くなるなど、つらい症状が増えてしまいます。その点オイルは、肌や粘膜の表面をうるおわすだけでなく、その下の細胞組織の機能をアップしてくれます。その結果、唾液や涙などの分泌も促してくれるのです」

特に、会陰部をオイルで保湿すると、交感神経の緊張を和らげ、更年期症状を改善してくれるという。

ケア用セサミオイルの作り方

保湿用オイルにおすすめなのは、植物由来のスキン用セサミオイル(ごま油)か、化粧品グレードのスイートアーモンドオイルなどだ。石油由来のグリセリンやミネラルオイル(ベビーオイルやワセリン)は使わないこと。

いずれも市販されているが、セサミオイルなら自宅でも作れる。その場合、焙煎ごまで作った茶色のごま油ではなく、生のごまを低温圧縮搾りにした、透明か薄い黄色のごま油を使うこと。

作り方は簡単。油を鍋に入れて棒でかきまぜながらゆっくり加熱し、100℃になったら火を止め、冷めたら容器に移すだけ。光の当たらない場所で保存し、酸化したオイルは絶対に使わないようにしよう。

穴の入り口の具体的なケア方法は、以下で紹介する。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事