毎朝5分で、全身引き締め!【朝活ヨガ】ほっそり美脚をかなえる「鷲のポーズ」

お腹を引き上げながら、肩甲骨を開く「鷲のポーズ」は、上半身の引き締めや太ももの筋肉「ハムストリングス」の強化にも◎。次の手順で行ってくださいね。

全身を効率よく引き締め!ほっそり美脚に役立つ「鷲のポーズ」

AsakatsuYoga_WashiNoPose01_50D2260

【1】脚を揃えた”気をつけ”の姿勢で立って、深呼吸

AsakatsuYoga_WashiNoPose02_50D2255

【2】両手を腰に添え、息を吐きながら、両ひざを曲げる
【3】股関節の付け根から折りたたみ、腰を少し後ろに引く

AsakatsuYoga_WashiNoPose03_50D2252

骨盤は前向き、ひざが体のセンターラインにくるように整える

【4】左脚に体重をのせたら、右脚を床から離して、左の太ももの上に右脚をかける。可能であれば、右足の甲をふくらはぎにもからめるようにする

AsakatsuYoga_WashiNoPose04_50D2277

お腹を引き上げるように意識を

【5】両腕を肩のラインに伸ばし、右腕が下、左腕が上になるように交差させる

AsakatsuYoga_WashiNoPose05_50D2279

【6】二の腕を深くまでクロスさせたら、ひじ同士、さらに手の甲か手のひらを合わせるように、腕を組む

AsakatsuYoga_WashiNoPose07_50D2282

【7】息を吸いながら、上半身、ひじ関節を少し天井方向へと引き上げる

AsakatsuYoga_WashiNoPose06_50D2292

股関節の付け根から上半身を折りたたむイメージで。肩甲骨を左右に開きながら、両肩を腰の方向に下げ、ひじ同士をぐっと合わせる

【8】息を吐きながら、両手の指先を前方に伸ばすようにして、体を倒していく
【9】1点に集中して、このままの姿勢で3回、呼吸を繰り返す

AsakatsuYoga_WashiNoPose05_50D2279

【10】息を吸いながら、上半身を引き上げて、【6】の姿勢に戻る
【11】息を吐きながら、両手、両脚をゆっくりと解放する
【12】【1】の姿勢に戻り、反対側でも【2】から【11】を行う

動画を見ながら、「鷲のポーズ」にトライ!

筋肉にギュッと力を入れてから、解放する「鷲のポーズ」には、集中力アップや、全身の血行を促進する効果も。肩こりや疲労緩和につながるので、朝に行うと、その日を元気に過ごすことができますよ!

写真・動画/瀬尾直道 衣装協力/ヨギー・サンクチュアリ 取材協力/スタジオ・ヨギー

【チアキさんのヨガレッスンは、ほかにも!】
【夜活ヨガ】二の腕もすっきり!下腹部引き締めに役立つ「コブラのポーズ」
【夜活ヨガ】寝たまま美尻を養う「仰向けでねじるポーズ」
【朝活ヨガ】太ももとお腹を引き締める「木のポーズ」
【朝活ヨガ】メリハリある下半身を作る「体側を伸ばすポーズ」

→さらに【朝活ヨガ】【夜活ヨガ】をチェック!

【関連する記事をチェック!】
すきま時間は足裏ケア!ヨガ・インストラクター、チアキさんの【ジムバッグを拝見!】
【動画レッスン】むくみを改善!間々田佳子さんの「顔ヨガ」5選
美腹筋メイクに夢中!ヨガ・インストラクター、渋木さやかさんの【美痩せ習慣】
下腹のぽっこりを改善!【美腹筋エクサ】腹筋下部に効く「レッグレイズ」
【スキマ時間エクサ】ほっそり太ももを作る「内ももシェイプ」

チアキ

Chiaki_AsakatsuYoga002

1986年生まれ。ヨガインストラクター、コンテンポラリーダンサー。日常生活をより豊かにするために丹田への意識を深め、ジャンルを越えた”心と体の解放”をヨガやダンスを通してシェアしている。「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活躍。

ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の新宿EASTやTOKYO、渋谷スタジオ、などでレッスンを担当し、脳生理学者・有田秀穂博士が代表する「セロトニンDojo(ドージョー)」にてメンタルケアヨガを、「Rire(リール)ヨガ」などでシヴァナンダヨガを教えている。夢は愛と笑顔でいっぱいにすること。その活動情報は、インスタグラム「@chiaki_yogadance」で

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事