ボディデザイナー直伝!下腹が引っ込み痩せやすい姿勢になる簡単3step

Step1 縮んで硬くなった筋肉を伸ばす

 

shisei1

イスに片足をのせて膝を曲げ、股関節を伸ばす

イスに右足をのせ、左足は一歩前に出して軽く膝を曲げる。右手はイスの背に、左手は腰に。お腹を凹ませてお尻の穴を締め、体を左側にひねって20秒キープ。呼吸は自然に。反対側も同様に。

shisei2

これをプラスしてさらに効果UP!

腰の筋肉を伸ばすストレッチを。イスに座って手のひらで膝をつかみ、体を後ろに引っ張りながら腰を丸め、20秒キープ。

Step2 呼吸でコアハウスを立て直す

●呼吸法をCheck!

お腹呼吸とは?

onakakokyu

お腹呼吸は、息を吸うときに意識的に最大限お腹を膨らませる腹式呼吸のこと。お腹を膨らませたときにコアハウスがストレッチされ、吐くときに意識的に働かせる。

肋骨呼吸とは?

rokkotsukokyu

肋骨呼吸は、お腹を引っ込ませてお尻の穴を締めながら行う胸式呼吸のこと。お腹呼吸で目覚めたインナーマッスルを使いながら、肋骨を使った理想的な呼吸を身につける。

shisei3

【1】まずは、お腹呼吸

骨盤を立ててまっすぐ座り、お腹に手をあてる。鼻から息を吸ってお腹を最大限膨らませ、口から息を吐きながらお腹を引っ込める。これを3回繰り返す。

【2】肋骨呼吸に切り替える

肋骨のあたりに手をあてる。お腹とお尻を引っ込めたまま鼻から大きく息を吸い、肋骨を広げ、口から息を吐く。これを3回繰り返す。

Step3 お腹とお尻を引き締める

shisei4

お尻を締めてお腹を引き上げる

イスに座って両足を肩幅に広げ、座面の後ろのほうに両手をつき、お腹とお尻を引っ込め、ゆっくりとお尻を持ち上げる。この状態で10秒キープ。ゆっくり元に戻す。これを3回繰り返す。

※イスは安定した場所に。倒れないよう注意。

※女性セブン2017年9月28日号

【関連する記事をチェック!】
姿勢改善にも◎。【美腹筋エクサ】お腹のインナーマッスルを鍛える「ニートゥーチェスト」
くびれ作りに◎。美姿勢や肩こりに役立つ「体幹ストレッチ コアトレーナー」
【筋膜リリース】で背中痩せ!姿勢矯正にも役立つ「タオル懸垂」
年末年始のボディメイクに。吊り輪が進化した自重トレーニングギア「TRXデュオトレーナー」
【体験レポ】人気モデルも実践!リーボックの「ブートキャンプ」でボディメイク

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事