運動をするとヤセにくくなる?運動指導者・森拓郎さんに聞くヤセる食べ方

ダイエットを決意すると、運動を始める人は多い。ところが、「運動するとヤセにくくなる」と、運動指導者の森拓郎さんは言う。

森さんは著書『ヤセたければ走るな、食べろ! – みるみる腹が凹むズルい食べグセ – 』(ワニブックスPLUS新書)で運動することよりも、「食事が10割」と食事の重要性を説く。同書では、運動したくない人やストイックな食事制限なんて無理!という人でも簡単にできる、「ヤセる食べグセ」をクイズ形式でわかりやすく指南している。

diet_fotoco

運動よりも大事なのは食事!? 「ヤセる食べグセ」を解説(写真/アフロ)

Q:運動すると?

×「すぐにヤセる」
○「ヤセにくくなる」

Q:ジムのランニングマシンは?

×「運動前にやると効果的」
○「時間の浪費、もったいない」

Q:腹筋運動でお腹は凹む?

×「見た目が少し引き締まるだけ」
○「お腹が凹むことはない」

など、これまでの“ダイエットの常識”を逆説的に説いた森さんに、「ヤセる食べ方のコツ」を聞いた。

運動の習慣化より食事の改善

──“運動するとヤセにくくなる”とは驚きでした。そのわけは?

森さん:要は“運動を過信せず、原因=「食事」をちゃんと見ましょう”ということです。太る原因は、食べるべき食事ができていないから。運動不足で太る人はいません。食事が悪いから太るんです。これまで指導してきて、「運動でヤセたい」という人はたくさんいましたが、結局、結果が出ているのは運動ではなく食事を変えた人です。太ってきたと自覚すると、ジムに入ったりランニングなど運動を始める人は非常に多いですが、「運動だけでヤセよう」という考えは間違いで、非常に効率も悪いのでお勧めしたくないんです。

たとえば、体重50kgの人が時速8kmで30分間走って消費されるのは200キロカロリーです。でも200キロカロリーのピザ1切れを食べたら1分で帳消しです。それは非効率的ではないですか? それに、運動をしているからこそ必要な栄養素しっかり摂る必要があるのに、運動しているから食事を気にしなくてもいいと思ってしまう人がほとんどです。

「運動でヤセよう」と考える人たちは、“摂り過ぎたカロリーをどれだけ消費できるか”ばかりを考えますが、運動をすると余分なエネルギーや体脂肪だけではなく、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど大事な栄養素も同時に消費されていくので、食事の栄養レベルも変える必要があります。栄養不足のまま運動をすると体に不調が出たり、体の防御反応で過食して太ってしまうのです。

つまり、健康的にヤセる秘訣は、運動を習慣化することではなく食事の改善。多くの人が誤解しがちですが、最も大事な問題は「運動不足」ではなく、「食べ方」なのです。運動を頑張るよりも、食事を変える方が圧倒的に効率もいいし楽ですよね。

【次ページで森さんの痩せ理論をさらに解説!】

FEATURE

さらに見る

You might also like...